鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    【釣りまとめブログサイト】ピチピチおさかな釣りにGO!

    キャプuiチャ


    2009年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     鮎釣り師はオフになると暇ですることがない。
     家内は一人で買い物に行ってしまったし、たまにはひとりで映画でも行ってみるか。
     と、身支度をととのえた。

     映画館はすぐ暗くなるのでちょっとぐらい派手でもいいかと、息子のキャラクターグッズのセーターを拝借。ジーパンに赤い野球帽を被ってさっそうと家を出た。

     映画館に到着。
     受付嬢が一般でよろしいですかと微笑む。
     ええ、とうなずきながらもそこまで若く見られたかとムフフ状態。

     映画には一般と小人しかない。つまりボクが小人かもしれないと思われた証拠。
     先祖代々小型のDNAを受け継いできたガバチャ家。でもいくら小型だからって小人あつかいは若すぎるぜ。ま、我がハートには小型じゃなく大型(O型)の血が脈々と流れておるのじゃがな。などとくだらないことを考えていたら「会員様の場合お一人1400円となってございます」と受付嬢が言う。

    「あっ会員会員、会員様で~す」
     と財布から会員カードと1000円札を2枚取り出して渡した。

     受付嬢がレジみたいなのをぴぴぴと打って、おつり600円と会員カードとレシートを返してくる。
     ん? ふと見るとレシートには豚肉、ネギ、豆腐などと打たれているではないか。

     どんな映画だと思って「これってなんの映画よ? ボク沈まぬ太陽みたいんやけど」と豚肉などとうたれたレシートを受付嬢に返した。
     と、受付嬢ニッコリ。

    「それいただいた2000円にはさまっておりました」
    「へっ」えっ
     確かに、昨日豚鍋をするための食材をオークワに自分が買いに行った。
     そのレシートだったのか。

     とっさに「レシートいいです」と返そうとしたが、そんなやりとりをする窓口でも無かろう思い「あっ、やっぱもらっときまーす」などと見当違いな返事をして財布の中にしまい込んだ。

     表情を変えなかった受付嬢も、続けて映画のチケットを渡すときには我慢しきれなかったのか、ボクの顔を見てぶぶっと吹き出した。

     沈まぬ太陽のように燦々と輝く美少年に見間違われたのもつかの間、ただの所帯じみた半ボケおやじへと落ちたボク。

     ま、いつものパターンではあるけれど、となんだか太陽が沈んじまったような気分になってテコテコと館内の暗闇へと消えていったのであります
    むっ





    ポチッと応援ヨロシクダウン
      


      超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     三年前の冬、神戸の街でへべれけに酔って歩いてたら偶然友人のK君に会った。
     やぁやぁと意気投合した二人はさらに飲んで・・・・・・後は覚えてない。

     朝、単身の舎宅で目が覚めたら横で人が寝てる。まさか女性! と顔を覗き込んだら、酒臭いK君がドアップで振り向いたえっ ぅオェ~ップ!(何とか寸止めぇ)

     俺のところに泊まれ、と強引に誘ったらしい。

    「寒くなかったですか」とK君。
    「いんや全然」とボク。

    「玄関のドアが全開でしたよ」とK君苦笑い。
     なぬっ!

     鶏小屋のように狭い舎宅は玄関から寝室が丸見えだゾ叫び
     昨夜、コンクリートジャングルを酩酊で徘徊した二匹猿。

     帰宅して玄関のドアを勢いよく開けたボクは靴を脱ぎながら後ろ手でドアを閉めた。
     が、その時脱いだ靴がドアの蝶番付近に引っかかり勢いよくドアを跳ね返したらしい。

     ドアは全開。
     誰でもいらっしゃ~い状態で電気を消した二人はそっこう熟睡でグースカピーだ。
     明け方、ボクの怪獣のようないびきで目が覚めたK君。

     すーすーと風のはいる玄関に気がついてドアを閉めにいったら、新聞配達員があわてて駆け去ったという。

    「今時物騒な都会で、怖い者知らずとはこのことですね」とK君。

    「へん、怖い者知らずといったってぇ」
     と泥酔でこそなせる業に自分でもあきれたボクは、二日酔いの重たい体をズンと布団にもたせかけてうなだれた。
     あ~アタマ痛ェ
    むっ




    ポチッと応援ヨロシクダウン
      


      超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     富田川と書いてトンダがわと読む。トミタがわではない。
     和歌山県紀伊半島の中腹、演歌歌手坂本冬美の出身地らしい。

     ダムのない清流、そこで竿を伸ばしていた。
     昼過ぎから雲行きが怪しい。ボクは雷が大嫌いだ。雷はまずデベソの人に落ちると聞いている。でも、そんなときに限って鮎が釣れ出す。

     迫る黒雲。その最中に爆釣モードはやってきた。釣れるは釣れるは入れ掛かりの出し掛かり。周りの四、五人も空を気にして見上げている。
     だが、これだけ鮎が釣れだしたらやめられない。

     いよいよ真っ黒な雲が頭上にさしかかった時、突然、ドワッシャーン!!ドンッ と地鳴りを上げて大轟音が響いた。
     心臓がピクリとはねる。

     お、落・ち・た・・・・・・背後に落ちたよ。
     と身をすくめてソロリと振り向いたら、軽四が逆さにつぶれて土埃を上げていた叫び
     鼻白む釣り人たち。

    「まさか中に人がいるんじゃないのかー」
     と誰かの叫び声。

     ゾッとする背筋をこらえてボクは近づいた。
     と、上の方からオーィと男の声がする。10メートルほど上の山道からだ。男はこちらに向かって両手を頭の上に合わせ丸をつくっている。

    「大丈夫や~、誰も乗ってえへんにゃ~」
     と無理矢理つくった笑顔が痛ましい。

    「サイドブレーキ引いてなかったんや~」
     と続く声が裏返っている。

     新車のワンボックスがつぶれて、スポーツカー並の車高になっていた。
     その男の人、車から降りてボクらの釣りに見とれていたということだ。

     他山の石と言うにはあまりにも悲惨でオチもつけにくいが、もう15年以上も経つのでオーナーさんひとつお許しを。

     本当にトンダ、川のお話しでしたガーン




    ポチッと応援ヨロシクダウン
      


      超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

    このページのトップヘ