鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    2011年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     谷口おとり店のマドンナさんが一番好きだという景色を、ガバチャも好きになった。
     山と川が遠近法のように奥まったコントラストは、万物の精霊が漂う結界への入り口と言ってもよさそうだ。

    7b2247a5.jpg



     一歩足を踏み入れると、目の覚めるような清流が現れる目
    7e9852bd.jpg



     冷たい水に手を浸し川底に手を突っ込む。
     なっ、温かいドンッ

     その時、ここがただ単に美しいだけでないことにボクらは驚く。
     ここは地底に高熱のマグマがあることを触感できる、エリア丸ごとのパワースポット。

    fb4eab89.jpg




     このパワースポットにおびただしい鮎が群れ集う。
     鮎は急激に水温が2度上がると死んでしまうのだが。
     眼下のじゃれ合いはそんなことお構いなしだ。

    6345f0d5.jpg




     ここは和歌山県熊野の川湯温泉。
     河原を掘ると温泉になるという不思議なところ。
     
     この日土曜日、1時間半で17匹の鮎を掛けたボクの釣果。
     よりも、一昨日に日高川の鮎釣り名人が134匹釣ったのが気になったのか、オーイカズ会長と細やんと放流男が急遽明日の日曜日に来ることになった。

     この川の畔で車中泊をして夜明けを待つことに。
     ひとりビールを飲んでいると、マドンナさんが通りかかる。

    「ここはお猿さんが多いから気をつけて」とのこと。
     確かに頭上の林でキーキー遊んでいる。

     マドンナさんと少し話して、アルコールの入ったボクは泥のように眠った。
     夜中、コンコンと誰かがドアをノックする。

     恐る恐る顔を上げると美人顔のお猿ちゃん。
     ウィッキーラブラブ、と車から降りるとボクは悲鳴を上げた叫び

     ゾンビの猿たちがよたよたと寄ってくる。
     と、突然マイケルジャクソンのスリラーがミュージックオン。

     ヒコヒコ腰を揺らして、一緒に踊るわ踊るわにひひ音譜
     ・・・・変な夢。

     夜が明けると霧雨が舞っていた。
     さて、今日はどこで鮎釣りしようか。

    86632d34.jpg




     三人組が到着し、そっこう耳打橋に行った。
     オーイカズ会長は、のっけから根掛かりをした鮎の回収に手を焼いている。

    0c411433.jpg




     チョイワルおやじの細やんは、アルカポネのような不敵な笑いで瀬肩のチビ鮎をいじめまくり。
    fdf9d714.jpg




     午前中で20匹前後というまずまずの釣果。
     ただ、猛暑のような暑さがおっさんたちの体力を簡単に奪っていく。

    9d10ffe3.jpg




     ガバチャ降参。
     お先で~す。
     三人は昼弁食べてからも鮎釣りすっとのこと。

    ba751f15.jpg




     帰り道。
     お気に入りのこんにゃく寿司を買って舌鼓をポンポン打ちまくる。

    4290ab5a.jpg




     あんまり旨いのでもう一つ追加購入。
     暴れ太鼓のように舌鼓の乱れ打ち~。

    dd55db0b.jpg



     仕事が忙しくて一年近く高知に帰郷できていない。
     元気な証拠にと、この熊野の美鮎を高知の両親に送ってあげることにしたニコニコ

    0b4c9c97.jpg



    マドンナさんのいる谷口おとり店はこちら。

    より大きな地図で 谷口おとり店 を表示


    お泊まりは中華黎明でダウン

     中華黎明のホームページはこちらをクリック

    より大きな地図で 古道の宿  中華黎明(れいめい) を表示







    ポールマッカートニーは不世出の天才だ!!




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     滑りコケながらも急な小道を駆け下りると、誰もいない。
     青く煙るなだらかな稜線に目を奪われる。

     やはり、造物の主神は定規を使い得ぬフリーハンドの天才だった。
     空は小さく切り取られ、その底にへばりついたボクの息づかいと川の流れがシンクロす。

    2e04ebd0.jpg


     鵜の目鷹の目。
     ボクの瞳は一万ボルト音譜、で川底の鮎を探知する。

     対岸のアメ色の石に LOCK ON目
     素早く仕掛けをセットし、おとり鮎に鼻カンを通す。

     ソリッド穂先を強引に曲げて、おとり鮎をグィと沈めたらチュンドンッだ。
     ポンと抜いたらかわいらしいチビ鮎が腹を返した。

     三十秒で一匹目ゲットの幸せ者。
     鮎釣り師は釣れたら無邪気な幸せ者に、釣れなければ言い訳上手な哲学者になれるにひひ

     
    7b6320a1.jpg



     ブリブリバリバリ、ギュンギュンポコポコ、次々と良型が釣り上がる。
     夢中になっていると、いつしか下流の川霧が上ってきた。

     すっぽり包まれ、周囲がかすむ。
     ギィーと怖気(おぞけ)たつ山鳥の鳴き声に、首をすくめて魔境を見上げた。

     ん・・目はてなマーク

     デデッ・デェ~タァ~ドクロ
     驚きすぎてコケかかった。

    8697daba.jpg


     なんじゃぁこりゃー叫び
     おとり鮎の空中ブランコ。

     大きなハエがたかってるし。
     山紫水明にホラーな場面はいらないよぉ~。

     わぁぉ、落ちた。
     ひぇ~、こっちに流れてくるあせる
     くんな くんなぁ~走る人

    cf2ca0e3.jpg


     とか・・・いろいろあったけど、腹時計が12回鳴ったので納カーン。
    9f0acb1c.jpg


     三時間で17匹釣ったもんねー、だ。
    476dfc29.jpg


     へへ・・この調子で昼からも釣ったら、30匹は超えるでしょう。
    c67e8202.jpg


     計ったら18センチクラスも何匹かおりましたゾイン。
     グゥ~。
     律儀に腹時計が12時半を告げる

    d1c29955.jpg



     機嫌良く昼食をとっていると、鼻の頭にポツリと水滴。
     パラパラ雨が降ってくる。

     なんとなく気分転換。
     川霧が気色悪いので場所変えしようとうろちょろしましたが、この日はどこも川霧だらけ
    むっ

    211c78b6.jpg


     じゃあ、と隣の大塔川にまわってみました。
     河原を掘ると温泉が出てくるという川湯温泉。
     その河原で竿を出しておられる方もおりましたが、足元は温いのでしょうか、ねべーっだ!

    864b63e1.jpg


     ドシャドシャに雨あしが強まったので、観念して帰路につくことに。
     熊野路を愛車ぶっ飛ばかしながら、総括と自己批判とくしゃみが続く。

     とにかく、初めて行った四村川は良かった良かった合格
     こんどこそ、たくさん釣ってマドンナさんにカチンコスペシャルしてもらおうっとニコニコ

     それにしても、この谷口おとり店に張ってあった大爆釣が気になるんだよな~。

    9eecc4ee.jpg



    マドンナさんのいる谷口おとり店はこちら。

    より大きな地図で 谷口おとり店 を表示


    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     雨で冷え切った体を、西日本最大の露天風呂、渡瀬(わたらせ)温泉で温めた。
     露天風呂を渡り歩くと、垣根の向こうから黄色い女性の声が聞こえる。

     塀の向こうは女風呂か。
     と、前を歩く年配のおじさんが何を思ったか立ち止まる。

     すると塀に近寄り、口笛でホーホケキョとウグイスの鳴き真似を始めた。
     ははぁん、塀の向こうの女性らにウグイスが来たのかと思わせて、小窓を開けさせる魂胆だな。

     お尻のたるみからしてかなりの年配。
     七十にして矩(のり)をこえず、は高齢化社会の到来で死語になったようだ。

     おじさんは小雨が舞ってもウグイスを止めない。
     丸裸なんで早く進んでもらわないと寒いのですが、とおじさんを見ていると。

     ホーホケキョ、ホーホケ、ホケ・ホェ・・ホェックショーン!!
     と大きなくしゃみ。

     ど、どんなウグイスやねんガーン
     塀の向こうの女性らはどう思われたのでしょう、かね。

    b5ba58d1.jpg


     さて、どこに泊まるか。
     と考えて思い浮かんだのが、マドンナさんのおとり屋に張ってあったこれ。

    6ef5f308.jpg


     行ってみると黎明期とは思えない賑やかさの中華料理屋さん。
     二階に和室があり宿泊所になってます。

    c5ff1235.jpg


     さっそくすきっ腹に餃子とビールをかきこむ。
     おー、五臓六腑がグルメのリズムに沸き踊るにひひ

    c3807a33.jpg


     本日のおすすめメニュー、鳥の唐揚げ。
    ホワホワにおいしくて、羽が生えて飛んでいきそう合格

    aaa91b3d.jpg


     マドンナさんのおすすめの焼きそば。
     目の前に置かれた瞬間、食指がピクリ動いた。

     連動してパクリと空いた口に細麺をかきこむ。
     う、旨・・・人類ならず麺類のDNAが目を覚まし類人麺になっちまいましたにひひ

    806deb2c.jpg



     日本酒も入って酩酊寸前。
     リミッターのはずれる前にと、わずかに残った自律的思考回路を駆使し、二階への階段を獣(けもの)のように這い上る。

     部屋についたらそっこう爆睡。
     朝起きると、こめかみが痛い。

     ありゃりゃ、めがねをかけたままどしたぁ。
     にゃっ、こめかみに彫刻刀で彫ったような跡がついているド叫び

    b3ba248b.jpg


     こめかみをさすりさすり、さて、今日はどこでリベンジするか。
     と谷口おとり店に行ってマドンナさんに教えを請う。

     「ガバチャ~ン、あそこ・・あそこ攻めたらぁ~ん」
     と、マドンナさんの耳元での甘い囁きにドキンッドキドキ

     なぬ、昨日昼から三十数匹もかかったってぇ。

     「ガバチャ~ン、なんでもテクニックじゃなくてポイントよ~ん」
     ドキンッドキドキ ポッ、ポイントって。

     うーんどこどこ。
     と、ズキズキうずく好奇心を思いっきりアクセルに任せて愛車をぶっ飛ばかした爆弾

    0ef53c21.jpg


     瞬きもせず到着。
     わぉ・・・、ス、ストレートすぎるぜ!!

     マドンナさんから妖しく耳打ちされた釣りポイントが「耳打橋」なんて目

     果たして、バッファローのごとく土草を蹴り上げ、河原への小道を駆け下りるガバチャに爆釣の女神は微笑むのか・・・。

     あたーっ、滑りコケたガーン

     で、明日につづく。

    b899b006.jpg


     ガバチャの泊まった中華黎明はこちらダウン

    より大きな地図で 古道の宿  中華黎明(れいめい) を表示

    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     古来より熊野詣として親しまれてきた和歌山最果ての地に、鮎釣り師の心をつかんでやまないマドンナさんという女神がいる。
     ボクの自宅から130キロメートルもの遠方。

     ボロロンボロロ~ンとうなるダイハツムーブのエグゾーストノート(排気音)が、まるでマドンナさんを恋しがっているようでもある。
     てな感じで、二枚目のふりしてマドンナさんのもとに到着。

     別に三時間かけて散髪に来たんじゃない。
     ここが、谷口おとり店。

    2e0d0a80.jpg


     「あら、ガバチャ」
     と、さっそくマドンナさんのマシンガントークに射抜かれ、危うく鮎釣りに来たことを忘れかかっていた。
     ら、ガバッといけすの蓋が開いた。

     デ、デカッ、このいけす。
     ボクがそのまま泳げるって。

     おとり鮎のことを「友」という。
     これから、ガバチャに鼻カンを通され荒瀬で引き回される「友」は、この大きないけすの中で待っていた。

    3469c313.jpg



     去年はマドンナさんの手の写真が掲載されただけでアクセス数が200アップした。
     今年はこの写真でアクセス数400アップは間違いなし。

    「たくさん釣ったらこの冷凍庫でカチンコチンにしてあげるから」
     とマドンナさんの妖艶な眼差し。

     なるへそ、一泊の釣り客にはありがたい冷凍スペシャルサービス。名付けて「マドンナのカチンコスペシャル」を受けたいおっちゃんは、嫁はんを・・イヤ、古着を質に入れても谷口おとり店に直行すべし。

     ただし一匹も釣れなかったら、散髪屋さんだけにバリカンで丸ボウズにされる可能性もありなのだが・・・。

    626418a3.jpg


     日本昔話にでも出てきそうな、熊野川支流の四村川の風情。
    「ばっさま、おらぁー鮎が釣りてえだぁ」

     と、すかし声でひとりモノマネをやったら、突然たたきつけるようなスコールに打たれて退散~。

    bf2c1177.jpg


     さらに上流に移動。
     眼下にアメ色の岩盤発見。

     おおっ、きらりきらりと良型が腹を返しているド。
     よだれ垂らして、突撃ラッパのパンパカパーン。

    344b93f9.jpg



     腰まで浸かって竿を伸ばし、グイグイッと岩盤におとり鮎をはわせたらいきなりゴン、ギューンッだ。
     鮎竿が一瞬で上弦の月に弧を描いた。

     腰を落として瀬を探る。
     ええいっ切れるがままよ、と強引に抜いたらドスンとタモ網の底に飛び込んできた。

     見ると、背びれの伸びたナイス美鮎。
     よーしっ、と大宇宙のどん底で全細胞が跳躍モードに突入だ。

    ef559d2c.jpg


     ところが、その後アタリが続かずポロリポロリと涙鮎。
     最後は木の枝に絡んで仕掛けも鮎もボロボロに。

     結局昼から3時間も粘って5匹でした。

    e80c6f3a.jpg


     ずぶ濡れで川から上がると店のおばあちゃんが「どうでしたか」と訊く。
     ボクは「五匹でした」というかわりに「夕食にでもどうぞ」と釣った鮎を差し出した。

     「ええんですか、せっかく釣ったのにいただいて」
     と眼を細めるおばあちゃん。
     
     「あの、せめてお名前だけでも」
     「いや、自分はただの旅の通りすがりですから」

      と、高倉健さんのような渋いやりとりは・・・・、全くなかった。
      家の奥に消えたおばあちゃん、直ぐにニコニコ顔でお皿を持って現れる。

     ま、一日一善だよ。と、ちょいと清々しい気分になって店を後に。
     おなかが鳴ったので、また日本昔話調で「ばっさま、おらぁ腹がへっただぁ」とやったらたたきつけるようなスコールが落ちてきた。

     このモノマネは、天に受けが悪い。

    72ee73e8.jpg


     さて、どうするか。
     疲労こんぱいで和歌山まで帰る気力もない。

     このままバスに乗ってどこか温泉にでも行きたい気分。
     う~ん、砕かれし夢のかけらを拾い集め、鮎釣り師はまた顔を上げる、と。

     よし、今日は泊まろう。
     マドンナさんの近くで宿をとって、明日リベンジして帰ろう。

     そう決めたら、なぜか突然雨が上がった。

    25802bd1.jpg


     マドンナさんのいる谷口おとり店はこちら。

    より大きな地図で 谷口おとり店 を表示

     で、明日につづく。
    50ee630f.jpg



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

    このページのトップヘ