鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2011年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     いつだったかボクが若い頃、母と近所のおばさんたちが道ばたで突っ立って深刻なやりとりをしていた。

    「たかぁたまぁるかちや、あの男しの方が悪いがぜよ」
    「おまんまっこと、なんぼいうたちこれで結婚せんかったら世間がゆるすかよ」
     と、土佐弁が炸裂しているメラメラ

     村の、誰か若い者のうわさ話かと耳をダンボにした耳
     ら、マッチとか明菜さんとか言っている。
     よくよく聞いたら芸能界の近藤真彦と中森明菜の破局話だった。

     以前、NHKの連続テレビ小説のおしんが、大根飯しか食べさせてもらっていなのを見て同情したお年寄りが「おしんに食べさせてあげてほしい」と、NHK放送局に米を送った出来事があった。

     年を取るとテレビの中の出来事と実生活との境界が薄れてしまうのかもしれない。
     と、ボクは母らのけたたましいやりとりを鼻で笑って家の中に引っ込んだ。

     何気なくテレビをつけると、ちょうど中森明菜が歌を歌っている。
     ふーん、「マッチと失恋したんだってねぇ」と、ボクは冷蔵庫からコーラを取り出しチビリとやった。

      たかが恋なんて忘れればいい

     ふむふむなかなか、歌い始めの台詞は明菜ちゃんらしいんじゃないか。
     と、カルビーのかっぱえびせんをパリポリ。
     明菜ちゃんはツッパリ出身だから大丈夫だよ。ははっ、うっ・・・グゲッ、は、鼻にーコーラが入って痛ぁーっ叫びあせる

      さびしすぎてこわれそうなの
      私は愛の難破船


     やっぱり強がってても女の子なんだな。
     うぅ~っ、まだ鼻の奥がジンジンするぜよ。

      折れた翼 広げたまま
      あなたの上に 落ちて行きたい
      海の底へ 沈んだなら
      泣きたいだけ 抱いて欲しい


     ど、どうよ、これ。明菜ちゃんホントに泣いてるでしょうがえっ

      ほかの誰かを 愛したなら
      追いかけては 行けない
      みじめな恋つづけるより
      別れの苦しさ えらぶわ


     おっおい、マッチなんとかしろやむかっ
     他の女にはしったんなら、お、俺が許さねえからな!!

      おろかだよと 笑われても
      あなたを追いかけ 抱きしめたい
      つむじ風に身をまかせて
      あなたを海に沈めたい


     げっ、沈めるって、マジやべえよ、これあせる

      たかが恋人を なくしただけで
      何もかもが消えたわ
      ひとりぼっち 誰もいない
      私は愛の難破船


     うぉー、涙が。うぉー、明菜ちゃんおれが慰めてやる。なんか、買ってやるよ。
     まだ、鼻の奥痛ぁードンッ
     おい、マッチ。責任とれやっ。
     てめー、よぉしっ、今からテレビ局に電話してやる。
     で、電話帳どこやねんパンチ!

     と、ボクはいたたまれなくなって立ち上がった。
     ら、外から母らの大きな笑い声が聞こえた。

    「聖子ちゃんに、マイクみたいにつまみあげられたんやって・・あははぁ~」
     話は下世話を極め極彩色のエロエロ談義となっていたガーン

     あれから三十年。
     感情豊かなテレビっ子だったボクも五十を過ぎた。
     久しぶりに明菜ちゃんを見たら、やっぱりウルルンル~ンと涙がにじみ出たのでごじゃる、よ~んむっ





     明菜ちゃん、君はえらかった、よ合格
     ガバチャが金メダルをあげよう!!
     沈めて・・イイぞグッド!




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     幼なじみのT男とR子が結婚した。
     ボクらは高知の山村のわずか24人のクラスだった。
     結婚したのが昨年なので、50歳を過ぎて幼なじみ同士が結ばれたことになる。

     この二人は小学生の頃からカップルだった。
     きっかけはボクが冷やかして言いふらしただけのことなのだが。

     中学を卒業するまで二人には何事もなかった、ようだ。
     でも、意識をしあっていたのは間違いない。
     ことある毎に、ボクやみんなから冷やかされて赤面していた。

     高校に上がると、二人は離ればなれになった。
     成人すると二人ともそれぞれの家庭を持ち、違う人生を歩んだ。

     ここまでなら、どこにでもある話。

     ところが、数年前の同窓会で異変が起こった。
     T男がみんなの前ではばかることなく「離婚した」と言う。
     すると、R子も「実はあたしも離婚してたの」と言う。

    「昔のカップル同士独身になったんなら、いっそ結婚したらどうだ」
     と、ボクの冷やかしにみんながドッと沸く。

     これが現実となった。

     自分にもある初恋の思い出。
     いくつになっても色あせることのない想いにこの二人、どこでどう弾みがついたのか。
     ゲスの勘ぐりのとどく範疇ではない。
     スピード感のありすぎる世の中で、普遍的な心情が数十年もの歳月を経て結ばれた奇跡を心から喜びたい。

     それにしても、人生とはわからないものである。
     そして、人生とは自分で切り開こうと思えばどうにかなるものなのかもしれない、とも思った。

     先週末、高知に帰郷して友人らと飲んだ。
     T男とR子は、清流の傍らに小さな新居を構えて幸せに暮らしているという。

     最近はT男とR子が仲良く竿を伸ばして鮎を釣っているらしい。
     鮎釣り師のボクらと違って、二人だけがその晩食べる鮎が釣れたらいい。
     春には山菜を採り、秋には満天の星空を眺め、冬にはこたつに丸まって・・・・・・爛熟の時間をしっかりと紡ぎ綯ってもらいたい。

     結婚報告の際、R子がはにかみながらボクに言った言葉が胸を突く。
    「あたし絶対に幸せになるから」

     二人の結婚はボクの小学生の時の冷やかしから始まったのだ。
     絶対に幸せになってもらわなくては、困る。

     






















    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     昨夜、田舎のスナックで12時まで付き合ってくれた近所のおばさんが、ガバチャの大好物の卵焼きをつくって持ってきてくれた。
     お茶碗によそわれたのはこの地方独特の「茶がゆ」。
     二日酔いには抜群に効き目があります。
    f1a3cf11.jpg


     朝食のひと時はすがすがしい朝日に囲まれ会話も弾む。
     ・・って、みなさん完全に飲み疲れの顔ですから。
     ちなみに、このときもまだゲストののりか姫はスースー和室で寝ていました。
     えっ、寝顔の写真撮ったかって?  ・・・ひみつ。
    e4d4a188.jpg



     さて、本番直前。
     あれっ、なんかカチューシャでも踊りそうな雰囲気になってますが・・。
    9618e89c.jpg


     アユノスケ師匠は楽しい釣りに徹するらしい。
    5222d10e.jpg


     ほんとかなー、と思ったらトーナメンターとしての眼光はこの日ございませんでした。
    258819a1.jpg


     オーイカズ会長も例会はお祭りといった感じで和やかな雰囲気。
    2d573dfa.jpg


     一番若手の放流男がひとり気を吐いて2連覇達成。
     入って2年目なのに、いつの間にこんなにうまくなったのかねぇ。
     今の有田川ダム上で13匹は立派な釣果。
     場所は久野原のキャンプ場。
     型も20センチ前後と良型。
     この日はガバチャも含め10匹以上が3人と言う接戦でした。
    40689fc4.jpg


     で、二日酔いのガバチャは石につまずいてスッテンコロリン。
     定価五万円のタモ網がぐしゃぐしゃに。
     二日酔いが、すっ飛んだ。
    a6305007.jpg


     ガバチャ以外は、例会も無事終わりおいしい昼食タイム。
     豪華絢爛な食卓でも一番人気は「茶がゆ」か。 
    06e62452.jpg


     氷水で洗った、ざるそばも気持ちいいぞぉー。
     と、大騒ぎになる一幕も。
    8c501dac.jpg


     見事に優勝をかっさらった放流男。
     豪快な笑い声がいつまでも山間部に響き渡りました。
     がはは の はー と、こりゃせ。
     ビバ 大阪HFG!!
    8b53d370.jpg







    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ほいじゃあ、バーベキューの準備 始めまっせー。
    ef77a291.jpg


    オーイカズ会長 自ら火おこし役に。
    421f46d0.jpg



    二十年後のトーナメンターが見参。
    アイスクリーム ないぃ・。
    46f7393e.jpg


    乾杯の前に会長からの一言。
    「煙は一番男前の鮎釣り師のところになびく」
    Hさん、煙にいぶされ爆泣き。
    1085b211.jpg


    有田川の鮎はうまい。
    b7f4aa6b.jpg


    鮎の塩焼きは、ガバチャの仕事。
    163ae027.jpg


    驚いたのが、オーイカズ会長がつくったという鮎の一夜干し。
    44b9c634.jpg


    こりゃ、ビールにあうわ。
    うま~い。
    f5fc03a4.jpg


    塩焼きもできて、ガブリ。
    もう、ビールが止まらないっちゃ。
    02229d84.jpg


    おばあちゃんのつくったサバのきずし。
    これも絶品。
    f9bb0767.jpg


    いや~、鮎釣り談議に花が咲いて実がなって、その実がポッタリ落ちるまで飲んだ、楽しんだ。
    00e36a0a.jpg


    結局、酒豪フルッチらと田舎のスナックで十二時まで歌いました。
    明日の例会は・・・駄目でしょう。
    のりかちゃん、木綿のハンカチーフ よかったよ。
    b38b0468.jpg


    まっ、こんな感じで翌日の例会は迎えることができたのだが・・。
    ガバチャとフルッチの胃の中はまだアルコールでボンボン燃えていた・・のだ。
    cda33053.jpg



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

    このページのトップヘ