鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    2012年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     今期は早々に鎮火したかと思われた超燃える鮎釣り師のアユノスケ師匠。
     なんと、ブログ「超燃える鮎友釣り」を見ると、突然、貴志川で再着火しておりました。
     よしっ、と触発されて放流男と貴志川に直行。
     貴志川に到着したらちょっと肌寒いけど、川の状態は清くてイイよ~イイよ~。
    7e575983.jpg


     んが、上流に目をやるとヤナが張られており、いきなりタイソン級の重たいジャブを鼻っ柱にもらった感じ。
    243b4d9e.jpg



     久しぶりにAさんのところに寄ったら留守番のニャンコしかおりませんでした。
     おっちゃんはどこに行った? と訊くと、ていねいにニャーニャーと説明してくれるのですが、サッパリ意味がわかりましぇ~ん。
     適当にニャーニャーと返事を返したら、やおら前足で下流の方をさしたので、おおかた町の方に買い物にでも行かれたのでしょう。
     おっちゃんにガバチャが来てたとヨロシクな。
    687647c4.jpg



     喫茶しらさぎに着いたのが10時過ぎ、かじか荘の橋の下でご年配の釣り師が竿をブン曲げてます。
     よし、ここじゃ! とばかり放流男と2人小鼻を膨らませて河原に降り、せっせと竿を伸ばします。
    f320166b.jpg
     

     うほっ、目の前に鮎がゴジャマンと群れ群れ状態っす。
     ヨダレをぬぐいながら泳がすこと1時間。
     ・・・いっちょも掛からん。
     ハリがついてなかごついーっちょも掛かりましぇんぞなー、もしっ!

     昼飯までにガバチャ1匹、放流男3匹。
     思わず天を見上げると、高い空でちぎれたイワシ雲がいらん寂寥感を演出します。

     かーっ、いちかばちか、と岩場に体を預けてへっぴり腰で段々のアワブクにおとり鮎を投げ入れた。
     ら目印がビュンとすっ飛んだ。
     鳥がくわえて、持ってったんかと思いますた。
     下の段々にドスン、ゴンゴン、グーッ!
     うおー、わおー! とひとり騒ぎながらドタバタ下がって取り込んだら23センチのピカ鮎でした。

     ラッキー、とその後確率変動に突入して通常図柄まで6連チャン。
     通常図柄からはリーチ予告もなく、落陽です。
     日が陰ったら寒(さ)ぶ~。ぶ~ぶ~。
     本日の釣果も、ぶ~ぶ~。


     ですが、鮎は若いしたくさんおりますので、照り込んだら入れ掛かりの女神様が降りて来て、「ゴォツ~ン、ンガァツ~ン、ギュギュ~ン、ハッ」と耳たぶのそばで体全体がしびれるような効果音を囁いてくれはず。

     帰宅して釣果をながめたら、3人の家族団らんに添えるにはちょうどの数と型でした。
     なにより、きれいな貴志川の鮎は美味しい。
     よって、ぶ~ぶ~はニコニコ又はニャハニャハに訂正といたします。
    c48031d0.jpg


     来週はTレックスのノリで爆釣だぁ? へいへいへい!





    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/


    携帯サイトはこちらから携帯
    http://sky.geocities.jp/hfgayu/k

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     みなさんご存じ、G社のヒキブネ。
     夏場は鮎が日焼けしてしまうというまことしやかな噂のせいか、現在は生産が途切れているらしい。
     が、在庫市場では以前高値の人気アイテム。
    cc8c9a2e.jpg


     Hさんはそのヒキブネを改造したという。
    265df070.jpg


     なんか普通のままに見えますが~・・・ん。
     ありゃりゃ、なんかへんだぞ~。
    fba14ad7.jpg


     あらら、完全に水中に沈んでもうた。
    b9a7a0fe.jpg


     裏返っても浮き上がってきません。
     なんでもヒキブネの中にある浮力材を取り払ったとのこと。
     水温が上がって鮎が弱るリスクを完全に回避したいとの思惑から、このようなことを思いついたようです。
    10e4543c.jpg



     そういえば、たまに丸いおとり缶を下げて釣っているご年配の方を見かけますが、おとり缶のことを思えば携帯性はこちらの方が抜群です。
     このヒキブネ・・いや沈むからフネとは言わないか。沈むのは潜水艦。おとり缶な性格ももっているので折衷名の「潜水缶」でどうでしょう。 
     この潜水缶、川の雰囲気や状態を見て通常のヒキブネとの使い分けをしているとのこと。
     有田川ダム上など小河川が減水した時には鮎が弱らず非常に便利だとのことです。
    f836c020.jpg



     ほんとに皆さんいろいろなことを考えていらっしゃいます。
     ま、どれもこれもこんなキラキラ鮎を一匹でも多くゲットしたいという向上心からくるものなのでしょうが。
     浮いたり沈んだりするヒキブネ、どっかのメーカーさん開発してみたら売れるかもよ。
    2ddcb4e0.jpg



     さてさて、9月9日(日)の網入れまでのファイナルカウントダウンに入った有田川ダム上。
     めちゃ大きいのが掛かっているようです。
     今度の土曜日は有田川ダム上にレッツラゴー、だ。
    4b1a144e.jpg

    293e5308.jpg


    柴崎おとり店は こちら。

    〒643-0601 和歌山県有田郡清水町押手77
    ℡0737-26-0413



    より大きな地図で 柴崎おとり店 を表示



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     9月1日 有田川ダム上で 大阪HFGの例会を行いました。
     ワイワイ ガヤガヤ ブツブツ ニャオニャオ。
    8e2463d8.jpg


     なかなかのシビアコンディションでアユノスケ師匠も苦戦。
    c464893a.jpg


     難戦を制したのは貫禄のオーイカズ会長。
    f5055384.jpg


     だが、最後の最後、年間総合優勝をかけた早掛けではこの若造にみなさん瞬殺されましたぁ。
     フルッチ おめでとう。 
     やんややんやの拍手喝さい雨あられ。
    14b712bf.jpg


     闘い終えてひとっ風呂ってなかんじで、気持ち良さそう。
     鼻カンとシリバリさしたろか。
     ガバチャが掛ったりして。
    f3fc41e2.jpg


     お昼は、ガバチャの家内がひと晩煮込んだカレーライス。
     舌鼓ぽんぽんで、あっという間になくなりましたゾ。
    24dfb307.jpg


     デザートのスイカはボリューム満点。
     柴崎さんからの差し入れとのことですが、前回同様 伝説のトーナメンター かたけ名人から頂いたものなのでしょうかね。
    a06129d6.jpg


     有田川ダム上は9月9日にアミ入れです。
     よって、今度の土曜日が友釣りファイナル。
     掛ったらデカイ鮎に引き回されます。
     先週の釣果ですが、こんな感じです。
     皆さん悔いの残らないように、押手あたりでハッピーファイナルを満喫いたしましょう。
    鮎釣り師のひとり言
    6e7d3dc4.jpg
    04914638.jpg


    柴崎おとり店は こちら。

    〒643-0601 和歌山県有田郡清水町押手77
    ℡0737-26-0413



    より大きな地図で 柴崎おとり店 を表示



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

    このページのトップヘ