鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

2013年01月


 年末の大掃除で見つかった古い写真。
 13、4年前のものだと思います。

 みんな若ぁ~。
 ボクの後ろの中村会長は懐かしのマミヤ・オーピーのいで立ちです。
 今から考えるとデザイン的には?な感じなのですが、あの頃はプロ級の人しか着られなかった凄いシャツ。

 場所は有田川ダム上の押手橋の下流あたりかな。
 まだデジカメではなく普通のカメラで撮ったものですが、さて、撮影者が誰なのかは思い出せません。
鮎釣り師のひとり言


 もひとつ掃除で見つかったのがこれ。
 確かボクが30歳ぐらいの頃、通販で家内が買ってくれたトレーナーです。

 もう20年以上経ちますが、あんまり着ていなかったので色あせてません。
 さすがに着るとピッチリコンなんですがなんとかいけてますゾ。
 コシノジュンコってロゴが入ってますが、値段は5、6千円とお手ごろだったと記憶します。
a4868c5a.jpg



 も一つ出てきたのがこれ。
 アユの本。

 これは古くない。確か去年故郷の友人から頂いたもの。
 半分読んで、部屋の片隅にうずくまってました。

 早速、読了して驚いたことが。
 この本書いた著者の「㈱ 西日本科学技術研究所」って、ボクが就職試験受けたところです!

 面接だけでいいからというので、高知市内の本社に行ったら社長直々に面接試験をされて、結局 採用結果が出る前に別のところが決まったので断りました。

 もしかしたら、今頃ボクもこの方たちと一緒に鮎の仕事をしていたのかもしれませんネ。
 それと、本の中に高知の鮎釣りトーナメンター 大坪さんのコメントが掲載されていて興味深く読ませていただきました。

 そいでもって・・・。
 今日は寒かったのでタブレットで無料の本を探して読みました。

 泉鏡花さんの「高野聖(こうやひじり)」良かったです。
 百年も前の小説とは思えないほど面白く、また文章が美しい。

 旅のお坊さんが、深山の一軒家で得も言われぬ美しい女性と出会い心惑わされるお話。
 翌日その宿を後にしたお坊さんは、その女性のあまりの美しさに職を捨て戻ろうとする。

 そこに現れた山男の話。うそかまことかあな恐ろしや。腑に落ちる出来事を思い出し凍りつくお坊さん。
 美しい女性には気をつけろ、というアフォリズムは今昔不変のものと存じたり。

 ま、ガバチャなどは泊ったその晩のうちに女性に息を吹きかけられたちまち・・・。
 ひぃ~、こっからは言えん言えん。

 エンタメ&ミステリー小説のはしりともいえる秀逸の一作でした。
鮎釣り師のひとり言




ポチッとヨロシクダウン
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



大事なお知らせ。
大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
今後ともヨロシクお願いいたします。

http://sky.geocities.jp/hfgayu/







スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



 新年 あけましておめでとうございます。


鮎釣り師のひとり言




 健全な精神は健全な肉体に宿る!

 本年を 「ガバチャ的肉体改造元年」と称し、かつての健全性を奪取したいと存じます・・・とりあえず今日は特別な日ということで・・・明日から・・・。
f202b7e8.jpg






ポチッとヨロシクダウン
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



大事なお知らせ。
大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
今後ともヨロシクお願いいたします。

http://sky.geocities.jp/hfgayu/
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ