鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2013年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      
     昨日、高知の釣り友に電話をした。相変わらず安田川は釣れているらしい。
    釣り友は21センチから23センチを30数匹釣ったそうだ。

     この電話の最中、ひとつプッと吹き出した話があった。
     釣り友によると「おらの釣りを道の上からオヤジさんが見よったぜ」とのことだ。オヤジさんとはボクの父に違いない。
     目に浮かぶ。鮎を大好物とするオヤジが、ネコが魚でも見るような目つきでジッと釣り上げる鮎を見ている姿が。

     それから電話を切って二度笑いしてしまった。この前安田川に帰郷した際、夕食で鮎を食べながら話したことを思い出して。

     オヤジはボクが釣った鮎の塩焼きに、ネコがしゃぶりつくようにしがみついていた。

    「おまん、そればあ鮎(あい)が好きやったら自分でちっと釣ったらどうぞね」
     と笑いながら母が言う。

     するとオヤジは口を手でぬぐいながら、
    「おらぁ、鮎(あい)釣りは磯釣りと違うて人に見られるきに嫌じゃ。この前も釣った鮎(あい)を引き抜いたら、体の周りを三回ばあブンブン回っちょいて、あげくに背中に鮎(あい)と一緒に針が刺さって悲鳴を上げたがよ。ほんで慌てて外そう思うて竿を置いてベストを脱ぎよったら、橋の上から3人ばあに見られよっておもいっきり笑われたが。おらぁ鮎(あい)釣りはすかん」

     言い捨てると、オヤジはまたせわしく鮎にしゃぶりついた。
     その様に、ボクと母はイスから転げ落ちるほど笑いしゃくった。

     確かに、鮎釣りは人に見られる。
     橋の上からなら、鮎が水中で掛かった瞬間まで目撃できるので見ているだけでも楽しい。
     また、離れていても、その人の竿さばきや掛かり鮎の引き抜き方を見ているだけでも楽しい。

     オヤジによると「この前も、ここやったら人に見られまいという場所でこっそり釣りよったら、岩のてっぺんからジッと人が立って見よったしな」と、ややトラウマチックな感じもする。 
     ボクは磯釣りをやらないのでわからないが、オヤジに言わせると地続きの磯でも鮎釣りのように他人からじっと「見られる」ことは無い、とのことだ。

     まぁこれはオヤジの偏見なのかもしれない。
     が、他者の鮎釣りを見学するというのが楽しいのは確かにその通りだと思う。 ボクが帰郷して安田川で鮎釣りをすると、必ずオヤジはどこからかボクの釣りを見ている。

     それは、ボクの鮎の釣り方を勉強しようとながめているのか、それとも今さっき釣り上げた大きな鮎を今晩塩焼きにして食べられると思って猫の気持ちでながめているのかはわからない。
     わからないが、自分的にはいつまでもオヤジから見られる側でいたいものだと思うのである。





     人に見られているときは釣れない、というジンクスを皆さんもお持ちではないでしょうか。だから入れ掛かりが止まって釣れなくなったら、後ろを振り返ってください。必ず誰かに見られているはずです・・・って・・ん?
    鮎釣り師のひとり言


     ワーオッ! 振り返ったら、
     た、タケちゃん、おどかすなって! いったいどっからのぞいとんねん。
     ズッコケそうになるほど驚いたがな、ほんまに。
    3fedcc6c.jpg



     ボクのオヤジと同様、タケちゃんも鮎が大好物なので「パブロフの犬」のように竿が曲がるとヨダレがダァーっと出る条件反射の持ち主です。
     ちなみに、ボクは前アタリがあっただけでヨダレがダァーっと出ます。
    d55bdeaf.jpg




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     この三連休(9/14、15、16)、高知県安田川に帰郷してました。
     釣果は、土曜日41匹、日曜日49匹、月曜日26匹(10時~13時)で合計116匹でした。
    709ec4f7.jpg


     日曜日は大雨で増水し三時半で竿だし不可能となりましたが、翌日にはこのようにかなり水も引いて澄んでました。
    01ad366a.jpg


     帰り道の奈半利川上流部はかなり増水してました。
    4e403087.jpg


     徳島発和歌山行きの南海フェリーが改装してパソコンブースができてました。
     三日間鮎つりに没頭し、ネット断食とテレビ断食状態だったので各地の台風被害にびっくりデス。
     被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
     また、次の写真を見てほしいのですが・・メールをチェックして柴崎さんの奥さんからの写メには驚きました。 
    14192449.jpg


     これって、押手橋なんですか、ね。
     どえらい増水です。 
    78f0bd2a.jpg


     馬路村では魚ばかりだったので、最終日に食べた徳島ラーメンが腹にどっしりとこたえました。
     安田川は今回の台風の影響がなかったので、まだまだ楽しめると思います。
    4b441cab.jpg





    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     おとといの朝の出来事です。
     いつもの神戸の通勤路で、足早に出勤する方々が一様に驚かれて足を止めてました。
     このコンクリートの支柱を根こそぎぶっ飛ばすなんて・・いったい。
     やったほうも車がえらいことになっているでしょう。
     「普通車では無理ですね」とか、
     「夜中に戦車でもはしったんとちやうか」とか、
     野次馬の推論がなかなか白熱しておりました。
    0cb62eef.jpg


     で、本日。
     出張帰りの新幹線で大好物の深川めしを食べようとしたら、アユノスケ師匠から電話がありまして、有田川ダム上で16匹掛けたとのこってす。

     なぬ、と柴崎さんの奥さんに電話して訊いたら、今週も2、3人は毎日友釣りの客が来ているそうで、皆さん10匹以上、ドカンピュークラスの鮎を釣られているそうです。
     アミがあいたにもかかわらず今年は鮎がかなり残っているとのこと。

     この他、今日はうちのクラブの面々は日高川のダム上で三名が20数匹良型を釣ったり、有田川のダム下の前川橋でも一名が20数匹釣ったりとよい一日を過ごされたようです。

     く、くしょ~ぉ・・・・人が仕事でヒィーヒィー走り回っちょるすきに・・バキッ・・あっ割り箸折れた。
     と、忸怩たる思いで深川めしをパクつくガバチャでした。

     う~ん、三連休どうしてくれようか。
     高知の安田川も掛かっちょるらしいしな・・。

     みちょれ三連休。
     ・・・記事のアップがなかったらスベッたということで・・。
     
    52432694.jpg




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     アミ入れの前日の土曜日(9/7)、10時頃に有田川ダム上に到着すると、アユノスケ師匠が26センチにドカンピューされてました。
    9face48b.jpg


     ドカンピューに備え、このスタミナ昼弁をかきこんだガバチャ。
     しかし、結局うろちょろして4時からの1時間で1ドカンピューと撃沈の憂いに。
     時間的にはカルビの効き目は切れておりやした。
    f1a9ef22.jpg


     この日、ダム上はどえらい釣り人で解禁日より多いんとちやうか、という声も聞かれました。
     柴崎おとり店のイケスは空っぽで、おとり鮎は完売。
     さらに押し寄せるお客さんに、柴崎さんの奥さんが頭を下げて謝られておられました。
     今日の日曜日に奥さんから聞いた話ですが、昨日の昼ごろおとり鮎が届いたとのことで現在50匹ほどのおとり鮎がいるそうです。
     アミ入れは開きましたが、今後もアミの入らない早瀬や深場はおとり掛けがまだ楽しめる可能性があるということで、今日も友掛けのお客さんが何人か見えられたとのことです。
     本日、ガバチャが清水から押手まで数えたら、12名の方がおとり掛けをされていました。
     なので、ドカンピュー完全終了宣言は撤回いたします。 
    fb0c95bd.jpg


     さて、今日の日曜日(9/8)のアミ入れ。
     小雨がぱらつき、ちょっと寒そうな天気でした。
    714fd293.jpg

     
     そんでも、みなさんハッスルされてます。
    2455c64d.jpg


     10時頃でこのクーラーに3杯目とのことなので、300匹は完全に超えてます。
    b83d78b0.jpg



     アミ入れの様子です。


     けっこう体力いりそうです。


     【柴崎おとり店長から皆様方へ】 

       
    鮎釣り師のひとり言


     まいどー、柴崎です。
     今シーズンも柴崎おとり店にお越しいただき誠にありがとうございました。
     今年は渇水と増水が極端で、釣り人にとっては決して釣りやすいコンディションとは言えませんでしたが、皆さんの釣技で多くの釣果を上げていただき非常にうれしく思います。 
     また、最終日にはオトリがなくなってしまい、多くの方にご迷惑をおかけし、この場を借りてお詫び申し上げます。
     さて、アミは開きましたが、まだ友釣りはできないことはありません。昨日の昼におとり鮎を50匹いけすに入れましたので、もしまだ有田川ダム上で友釣りをやってみようという方がおられましたらぜひともお立ち寄りください。残っている鮎はひときわ大きくウルトラドカンピューが味わえる可能性大です。
     ダム上の友釣りを終えられた方にも、押手の近くにお越しの際には気軽にお立ち寄りいただき、いろいろな川の話などお聞かせ下さい。
     長い間閲覧いただいた柴崎おとり店情報ですが、アミもあいたのでこれにて終えたいと思います。
     皆さんのご多幸を心よりお祈りいたします。
     そして、今シーズンの柴崎おとり店のご愛顧誠にありがとうございました。来シーズンもなにとぞよろしくお願いいたします。


                      平成25年9月8日  柴崎孝男
     


        和歌山県有田川町押手770-2
        ℡ 0737-26-0413


    より大きな地図で 有田川 ダム上 押手地区の鮎釣り場 を表示



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     つい先ほど柴崎おとり店長さんに電話し、 
     「有田川ダム上の金&土の竿だしは可能ですか?」
     と訊いたところ、

     「ジュバリ可能れす」
     と、やや酔っぱらい口調ながらも、頼もしい返事を得ることができました。
     今日すでに出していた方もいたようです。

     水位は30センチ高で押手橋から上は底石が見えているとのこと。
     ただし、井谷あたりからはまだ今夕の時点では濁りが濃いとのことです。

     天気予報は金が晴れ、土が曇りなので期待が持てると思います。
     巨鮎にドカンとあたられピューっともっていかれまくりの「ドカンピュー祭り」のフィナーレにふさわしい条件は整いました。

     つまり・・後は、貴方が身の回りにあるさまざまな段取りをチャッチャとつけて、その条件に身を預けることができるか否かという、一世一代の決断力を求められるとてつもないびっくりドカンピュー局面に直面しておりまっせ・・・いや、おりマッチョ。の方が巨鮎と対峙する筋肉モリモリ連想的語尾としてふさわしいか。

     ・・なことはどうでもいい!
     とにかく今日晩方の押手橋の画像を見てちょんまげ!
    鮎釣り師のひとり言
    鮎釣り師のひとり言




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!



    大事なお知らせ。
    大阪HFGのホームページのアドレスが以下に変わりました。
    今後ともヨロシクお願いいたします。

    http://sky.geocities.jp/hfgayu/




    このページのトップヘ