鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2016年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    本日の土曜日

    ノーカン釣行にボッチで行って来ました真顔

    91e46cb7.jpg

     

    マワリ こんなに網が張ってますた。

    379fcfa7.jpg

     

    オーイカズサンがのぞきに来てくれたんで、ちょっと竿持っといてって渡したら

    30秒で掛けましたーっポーン

    このお方に竿を持たせたらあかんニヤニヤ

    でも寒いのですぐに退散。

    13854c2e.jpg

     

    そのあとのガバチャのボッチ釣行に付き合ってくれたのは

    強風野郎でした。

    ハローッハローッとむせぶように耳元とかに吹き付けてきます。

    強風ハロー注意報

    竿がヘシ折れるかと思うほどのハローはいらんて真顔

    44d133fc.jpg

     

    10時から昼飯はさんで3時まで釣ってジャスト20匹笑い泣き

    最後掛かったチビの一匹は、抜くときに強風にあおられてはずれ

    アメリカの方向にぶっ飛んで行きましたポーン

    きっと、西海岸ぐらいまで飛んでハローッて言っていると思います。

    3b56a4d2.jpg

     

    今日の最長寸は21センチ。

    水墨画の世界から飛び出してきたみたいな「オスさん鮎」でした。

    ドカンピュー皿が泣いてるぜ笑い泣き

    a3fb691a.jpg

     

    パッチと靴下の上からこのゴム製の靴下はいて

    その上にウェーダーはいたので

    下半身は持ちこたえましたが、

    上半身はシベリアにいるようで

    奥歯がカチャカチャカチャカチャ鳴りっぱなしどした~チーン

    b064e857.jpg

     

    国魚王国のオッチャンに訊くと

    「来月の6日までは開けるつもり」

    とのこってしたウインク

    ee2f8c13.jpg

     

    ただしオトリが無くなったらその時点で終わりとのこと。

    行かれる方は電話した方がエエかもね口笛

    0bc54e31.jpg

     

    とにかくガバチャは今日でノーカンとします。

    今期の総括はまたゆっくりしてみます。

    まだノーカンされてない方

    ハッピーなファイナルをお迎えくださーいゲラゲラ

     

     

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    記憶のない自分をこうして写真で振り返ると、

    客観的にみてやっぱ「アホ」ですね真顔

     

    でもやめられません笑い泣き

     

    0ca9f5d2.jpg

     

    最後は、明日のジョーみたいになってたし。

    (なエエもんか・・・)

     

    燃え尽きたぜ笑い泣き

     

    0cb4b6d7.jpg

     

    どえらいことになってた女鮎釣り師KUU

    隣の旋風はんが、こころなしかややドン引きの体勢にも見えるでござるニヤニヤ

    KUUはんは来シーズンこの格好で釣るんやってーウシシ

    ae73a04e.jpg

     

    一番酔っぱらっているのはだれかいな

    あ、オレかいな・・とこりゃせゲラゲラ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     【柴崎おとり店長より全国の鮎釣り師の皆様へ】

    鮎釣り師のひとり言

    まいどー、柴崎です。

    今年も 有田川ダム上にたくさんの方に釣りに来ていただいて誠にありがとうございました。

    今年は昨年と違って鮎が途切れることなく終盤まで残りました。「ドカンピュー」が今年の流行語大賞に選ばれるのではないかと少しドキドキしております。

    とか冗談はさておき、あと半年また来期の準備をしながら皆様のお越しを心よりお待ちしております。皆様におかれましてもご健康に留意し、半年後にまた元気なお顔をお見せください。簡単ではありますが、皆様のご健康と来年の豊漁を祈願しお礼のあいさつに代えさせていただきます。

     

    今年の解禁日アラカルト

    0416349a.jpg
    3ad7ba04.jpg
    8e6200b3.jpg
    9a62c4a8.jpg
    2bdb7cd7.jpg
    e1971a75.jpg
    bfe8b8cc.jpg
    fafd1e8b.jpg
    6ea513cc.jpg
    1810d441.jpg

     

    有田川ダム上の

      柴崎おとり店はここやしてーっダウン

    そう、柴崎美容室が柴崎おとり店です。 なんぞあったらお気軽にお電話してください。 ℡ 0737-26-0413

     

     この家が柴崎おとり店でーすゲラゲラビックリマーク

     シーズンオフでも どなたさまもお気軽に ちょっくら寄って

        コーヒーでも飲みながら鮎とかイノシシの話でもしまへんか~ウシシ合格

    2a81cfde.jpg

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日高川のひらいわで真顔b3b00e8c.jpg

     

    ずっこけてお尻を強打ニヤニヤ8de45920.jpg

     

    K君にたすけられ笑い泣き

    オラッビックリマーク

    8d671d81.jpg

     

    ハクジュはんにたすけられ笑い泣き

    オラオラッビックリマーク

    924ba967.jpg

     

    なんとかそのかいあってか

    やっと99匹までたどり着いたこのお方

    一歩も下がれないところでタモキャッチできたのは、ちょっとは成長したのかも真顔

    a9fa1845.jpg

     

    ガバチャが今まで見た中では、一番難易度の高いヌキでした。

    これだけはほめてやらねばなんめえ~笑い泣き

     

    来年からはどんな時でも一人でできるやろウシシ

    426b0d90.jpg

    旋風はんとの背中合わせのツーショットもなかなかイイ感じでした上矢印

    fb72c180.jpg

     

    鮎は確実に落ちてます笑い泣き

    67ec7cfa.jpg

     

    まだサビてないのもけっこういるけど。

    日に日に追いは悪いです笑い泣き

    5b1f9dc8.jpg

     

    今年も、いろいろな方と釣行して楽しかったけど…これで終わりかなー笑い泣き

    61105c4c.jpg


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     10月なのに、どこかの川で小指みたいな鮎を掛けて不思議に思われた方もいるでしょう真顔

     ガバチャも先週有田川ダム下の粟生でチビ鮎を何匹か掛けて「あんたお母さんメダカ?」って辟易しました。

     それで帰ってきて勉強した結果を以下に述べますダウン

     チビ鮎、それはズバリ「遅生まれの鮎」でした。

     鮎は11月の中旬頃にふ化する「早生まれ」と12月の下旬から年明けの1月、あるいは2月にふ化する「遅生まれ」に分かれます。

     困った事に最近の海水温の上昇で、早生まれの鮎はふ化して海に下るとほとんどが死滅してしまいます。海水温が高いと耐塩性が損なわれるのです。

     なので元気に遡上してくるのは遅生まれの鮎が多くなります。

     この遅生まれも、上流域まで遡上して20センチぐらいになるものと、下流域にとどまってさほど遡上をしないものに二分されます。

     これは琵琶湖を周遊し遡上しない種に似ていますが、もともと海産の鮎にいた種であるとのことです。

     遅生まれは早生まれに比べ生活サイクルが2ヶ月ほども遅れているので、河川への遡上も遅いのかというとそうではありません。

     春が近づき海水温が上昇してくると遅生まれの鮎も海で悠長に暮らすことはできません。早生まれと同様に耐塩性が損なわれて死滅してしまうからです。

     なので、遅生まれは海水温の上昇を肌で感じると、慌てて河川に遡上してこなければならなくなります。

     だから、天然遡上だけで見ると春先の川はまだ育ちきっていないチビ鮎だらけということになります。

     種は自らを後世に残すために様々なタイプを作り上げます。

     例えば蝶で言うと、蝶の模様は全て同じのように見えて全く同じものはいません。一見意味の無いようなことに思えますが、予期せぬ自然環境の変化に適合できずほとんどの蝶が死滅した。なのにある模様の蝶だけが生き残のこることができた。

     となると、その模様がスタンダードになり種が保存されます。人間もしかり、どのような生物もしかりです。

     チビ鮎は外力となる自然環境に自らの生活を合わせ必死に生きながらえているとも言えます。

    「チビでも唐揚げにしたらうまいで」と持って帰って、晩酌のアテにしたガバチャは、食物連鎖の頂点に立つ者として感謝しなければなりません笑い泣き

    「いただきます」の語源はある命をいただいて自らの命と同化させることではないのか、と何かの本に書いてありましたがなるほどとも思います。

     それにしても、有田川ダム下はチビ鮎現象が顕著になりすぎです。

     ダムが濁りを出して良質なエサが育たないということもダブルパンチとして効いているのでしょう。

     いっそダム下の鮎をすくってダム上に放流したらどうか、と思うのは単なる釣り人のエゴでしょうか笑い泣き

     自然界を操作することなど出来きるはずもない私たちに残されたすべは試行錯誤だけだと思うのですが・・・・・・。

     やり直しのきく取り組みを順応的に継続させる。

     でないと、やがて友釣りという文化は終息してしまうと思います真顔

     

     

    残念ながら、今シーズンの有田川ダム下の川の色はほとんどこのような状況でした。

    どうにかしてほしいと思っているのは釣り人もそうですが、なにより鮎たちそのものではないでしょうか。

    9f68cbb1.jpg


    このページのトップヘ