鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     高知の片田舎で育った私は成人すると和歌山市にある港湾関係の職場に就職した。そこにベテラン自動車運転手の加藤さんはいた。

     

     夏のある日、加藤さんの主催で職場レクが開かれた。

     場所は紀ノ川の中流部にある船戸橋の下で、職場の若い者が準備で動員された。一番下っ端の私は朝早くから現地に行って日よけづくりのビニールシートを張らされた。

     

     この日の料理は加藤さんが紀ノ川であらかじめ獲った鮎とズガニだった。何十匹もの大きな鮎に竹串を刺す。最初は手が滑ってうまくいかなかったが、加藤さんにコツを教えてもらって要領を得た。竹串に刺された鮎は炭火の周りに円陣を組むように並べられ、大きな竹かごですっぽりと覆われた。きつね色になったらできあがりだ。

     

     ズガニの方は手こずった。こちらは大きな竹かごの中に数十匹が生きたまま入っている。大人の手の平もあるとげとげしいズガニがわんさか這い上がってくる。それをつかんでは熱湯に入れるのだが、またすぐに這い上がってきて往生した。観念したズガニを棒で抑えつけて熱湯に沈めると、土色のズガニが鮮やかな赤色に変色する。調味料は鮎もズガニも塩だけだった。

     

     できあがった鮎とズガニが川岸に集まった職場の家族連れらに振る舞われた。

     うまい! ボクは夢中で舌鼓を打った。晴天の下で冷え切ったビールが喉を鳴らす。加藤さんは目を細めて冷酒をあおっていた。

     

     少し酔った加藤さんはやおら立ち上がると、「お前弟子や。手伝え」と私を指名してタテ網の片方を持たせた。「今からこの前で鮎を獲りますので」と加藤さんがみんなに言うと歓声が上がった。ボクは加藤さんに言われるがままに紀ノ川に入っていった。指示どおりボクは中州まで渡るとタテ網を持ったまま上流に石を投げ続けた。すぐに肩がつらくなったが、みんなが声援をとばすのでやめられない。やっと網の引き上げとなって岸に戻ると、まるまるとした鮎が何匹も掛かっていた。

     

     その一匹を取り外した加藤さんは、人差し指で鮎の腹を割って内臓を取り出し、梅干しをつぶした梅肉を鮎の腹に詰め込んだ。

     

    「これが紀ノ川の通の食べ方やして。そのままかじれっ」と加藤さんが言う。

     私が躊躇するとみんなから拍手と歓声が飛ぶ。私は仕方なく鮎にかぶりついた。正直まずくてどうしようかと顔をしかめたが、ますますみんなが喜ぶので我慢して最後まで食べた。

     

    「ん、お前は若いけど素質がある」

     と上機嫌の加藤さんはまた冷酒を美味しそうにあおった。

     思い返してみれば、それから二十五年あまりもの歳月が流れていた。

     和歌山を転勤で離れていた私は事情があって再び和歌山に戻ってきた。

     私はすぐに加藤さんの家を訪ねた。久しぶりに見る加藤さんはさすがに年老いていたが、グリッと開いた目は昔のままだった。

     

     その夏、私は加藤さんに釣った鮎を持って行った。

    「おまはんが鮎釣り師になるとはのぉ」と加藤さんが口元を緩める。

    「昔紀ノ川で加藤さんに鮎を食べさせてもらってから興味がわきました」と私は返した。

    「今晩うちに泊まっていけ。おまはんにちょっと話したいことがあるんや」と加藤さんが手を引く。その時の表情が少し暗かったのが気になったが、私は遠慮してまた来るからと断った。

    「じゃあちょっと待っとけ」

     と家の裏に消えて行った加藤さんは、鮎釣りベストを下げて戻ってきた。

    「これ買ったんやけど足が悪うなって鮎釣りでけんようになったから、おまはんにやる。今度これ着て船戸橋の下で釣れ」と言われた。

    「よっしゃ、加藤さんの代わりにバンバン釣らせてもらいます」と言うと加藤さんは顔をくしゃくしゃにして喜んだ。なのに、私は釣りクラブの活動拠点である有田川の方に通い詰めて、紀ノ川にはつい行きそびれてしまった。

     

     翌年の晩秋、久しぶりに加藤さんに鮎を持って行ったら寝たきりになっていた。

     そばに寄ると目を向けて何か言うが、何を言っているのか分からない。加藤さんは直ぐにまた寝たような感じになった。意識が戻ってあんたのことわかったみたいやして、と奥さんが声を詰まらせる。加藤さんは私に何を話したかったのだろう。

     

     その半月後、加藤さんは帰らぬ人となった

     

     鮎ももう掛からなくなった肌寒い11月、加藤さんからもらった鮎ベストを着て船戸橋の下で竿を出す釣りバカを、橋上から何人かが笑いながら眺めていた。

     約束は守るから約束で、守れなければ約束とはいえない。

     私はせめて一匹でもと鮎竿を繰った。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    この前の忘年会で鵜の話が出た時

    女鮎釣り師KUU

    「あたしがピストルで鵜を退治してやる」

    と鼻息を荒くしていたらしい。

     

    ガバチャは酩酊して酔っ払い 悦楽の境地に居たので記憶はないが

    その話が後日談でブリ返し

    「なことチミにできるわけねぇ~だろぉ〜」

    と笑い飛ばしてやったら

    「ウソじゃないもーん」

    と本人から四半世紀前の証拠写真が送られてきた。

     

    ちょちょいとびっくりですらチーン

     

    本人の了解なしに掲載~真顔

     

    ガバチャ的推察によると

    おそらく

    この頃のKUUはんは

    アーバンジャングルの中で男のハートをピストルで撃ちぬく

    男狩りの名手・・そうセクシーハンターとして

    その名を天下にとどろかせていたのだろう・・・ドンッ

     

    一日でツ抜けしたこともあったとか、なかったとかーっ笑い泣き

     

     

     

    んー

    わかった

    じゃあまんずテストだべ

    しばらくぶりで

    ピストルの腕前が落ちてないかどうか

     

    今から

    ガバチャの

    頭の上にたかってる

    銀バエを

    打ちぬいてみいっちゃーデレデレ

     

    ほれほれ~ビックリマーク

     

    ・・・最近休みの日は昼間っから酒飲んでま~ツちゅー

    c66f8793.jpg


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    昨日は、神戸の社宅にいました。

    昼からゴゾゴゾ街に出ると、なんじゃら物々しい雰囲気チーン

    be383f07.jpg

     

    しばらくしたら けたたましい軍艦マーチがポーン

    このイデオロギーは鼓膜が破れそうでかないまへん。

    2b57bc07.jpg

     

     

    それから東急ハンズに行ったら、こんな家 売っとった。

    一戸 五万円ぐらい。

     

    地球の人口が増えすぎて、人類をダウンサイジングする研究がどこかの国で進められていると聞きましたが、成功したらガバチャもこんな家に住みたいと思います。

     

    不良のカマキリでも襲ってきたら

    ブルースリーのヌンチャク拳法で撃退してやるぜニヤリ

    8e777613.jpg

     

    ブラブラしてるうちに日が暮れて、元町ガード下の「豊丸」でぼっち夕食。

    まず、天ぷら。

    ここは天つゆと大根おろしは食べ放題。

    飯だけ頼んで、かってに天丼にして喰うのもオッケーデレデレ

    52baa7fd.jpg

     

    と、メニューに見たことないもん発見チーン

    ホットパンツの店員娘に訊いてみた。

     

    ガバチャ   「島根名物 赤てん ってなんすか?」

    ホットパンツ 「島根の名物で 赤い 天ぷらです」

     

    おい

    今どきの娘っ子 その程度の答えでガバチャ様から100点がもらえると思うちょんのかいっニヤリ

     

    でも、笑顔がかわいいので95点ビックリマーク笑い泣き

    2a3b9104.jpg

     

    確かにそのままでした。

    ちょいとカラシが入ってるみたい。

    それの赤さか。

     

    と、そのような分析結果をさりげなくホットパンツに伝えたら、キラキラ目で「そぉぉぉおーだったんですねぇぇええー」と感激された。

     

    そのリアクション 120点ードキドキ照れ

    0a0e8e16.jpg

     

    シメ

    お茶漬け

    なぬ真顔

    たこわさ?

    想像はつくけど

    今までお茶漬けのメニューにたこわさは初めてやなひらめき電球

    f9c7a7b4.jpg

     

    めちゃうまいやんけー笑い泣き

    こんなシンプルメニュー 大好きやでーラブ

    4bd74f14.jpg

     

     

     

    で、タイトルの怪しい本屋ってぇーのはニヒヒ

     

    これですダウン

     

    神戸元町の東口の前のあたり。

     

    入ろうかと思ったのですが、

    金八先生の頃の武田鉄矢みたいな髪型のおじさんが

    耳の後ろのとこの髪をかき上げながら入っていったのでビビッてやめましたゲッソリ

     

    今度、昼間の明るいうちに入店してレポートしたいと思います真顔b8d8ab39.jpg

    bdada988.jpg


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    なんか久しぶりにブログ村見たら

    カニじゃら肉じゃらうまいもんばかりクーてやがる

    女鮎釣り師がおりますが・・。

     

    ガバチャも負けずに喰うてみました。

     

    神戸 「あわれオヤジ去勢軍団」の聖地 おうみや真顔

    29a956ab.jpg

     

    目の前に、コトコトとうまそうなおでんビックリマーク

    喰うしかないだろー笑い泣き

    08968d6d.jpg

     

    味のしみたタマゴ 最高やね笑い泣き

    d9cfd663.jpg

     

    続いてここ数年健康に関心が急激に高まったガバチャ

    血液サラサラ大作戦のらっきょうをパクつく・・・。

     

    うぐっチーン

    うまいけど・・・このらっきょう

    いつ喰っても漬かりすぎとんじゃよーん笑い泣き

    0dfb2ef0.jpg

     

    続いてカニよりおいしいといわれる日本海の味覚

    ハタハタメラメラ

    b52acf91.jpg

     

    うまい!!

    ・・・けど

    やっぱ

    カニ

    喰いて~笑い泣き

    e98e6442.jpg

     

    二次会

    神戸一うまい焼きそばのあるガード下の天一軒

    創業70年とか・・・・。

    4881e28e.jpg

     

    いつもいっぱいで入れないのにたまたま空いててラッキーお願いドキドキ99822892.jpg

     

    やっぱうまーい太陽

    カニよりうまかっちゃべー爆  笑

    やーいやーい音譜

     

    でも

    喰いすぎて

    腹割れそうにやり

    6d1c121d.jpg

     

    三次会

    ジャズバー ヘンリー

    バーボン ちびりデレデレ

    633c183a.jpg

     

    ママさんが古い着物から洋服に作り直した服を着て

    若い娘らの前でファッションショーをしとったニヤニヤ

     

    この後 四次会

    シナトラに行ったんやけど

    あんまり覚えてませんニャ~滝汗

     

    朝起きたらオデコが痛いんですけど

    どっかに衝突したんかなニヤニヤ

     

    みなさんも食欲のアクセル

    踏みすぎないようにお気お付けくださいましー笑い泣き

    e028e12f.jpg

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ▼あなたの性格診断はこちら

    あなたの性格を診断してみる


    このページのトップヘ