鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    【釣りまとめブログサイト】ピチピチおさかな釣りにGO!

    キャプuiチャ


    2016年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    最近どの分野でも目新しいものからドンドン距離を離されていくばかりのガバチャです。

    ひょっとして鮎釣りの世界でももう使っておられる方もいたのかもしれませんが・・・真顔

    暇でamazon見てたらこんなもん売ってました。

     

    なぬチーン

    ワイヤレススマート魚群探知機

     

     

    5ebb4f6a.jpg

     

     

    こんな感じで竿にセットして水面にポッチャン投げるんですってよ。

    そしたらば水面に浮かんだこの黒いタマタマが魚群探知機になってスマホにデータを送ってくるんだと。

    9193277a.jpg

     

    こんな感じで魚の居場所が手元のスマホに写るらしい。

    2b4104c3.jpg

     

     

    あくまで鮎釣りに関してだけですが言わせてください。

    ガバチャ的にはこの科学技術の進歩をなげかわしく受け止めています。と真顔

     

    鮎釣りの楽しさ

    それはどこで釣れたかをおとり屋や釣り仲間とコミュニケーションを取りながら、

    さて週末どこに釣りに行こうかとプランニングするところにあります。

     

    橋の上から石の色を見、鮎を目視してきっとあの淵から差し込んでいるのだろうと、

    野生の感を磨くところにあります。

     

    読みが外れたら悔しがって次へとさらに思考をめぐらす。

    読みが当たったら大喜びで帰宅して美味しいビールを飲む。

     

    なのに

    この魚探技術が発達しすぎると「ここはおる」「ここはおらん」でなんやら味気なくなりそう。

    鮎釣りの世界に、本来人間が持っている身体的能力をズズンッと超えた技術の導入はいらないと思います。

     

    将来、魚探機能付きSMT穂先の手元7インチモニター標準装備のグランドスリムが98万円とかで発売されないことを祈ります。

     

    ガバチャの場合は、どうしても魚影が確認したい場合にはこの二人に潜らせます。

    ほとんどアテになったためしがありませんが笑い泣き

     

    壊れかけの人間魚群探知機1号ウインク

    dce75908.jpg

     

    ほとんど壊れている人間魚群探知機2号笑い泣き

    757d0f49.jpg

     

     

     

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    なぜ

    「どかんぴゅー」

    が今年の流行語大賞に選ばれてないんだ…真顔

     

    あと、木工と鮎釣り(hakujuの日記)のハクジュさんの

    「おきばりやす」とかも真顔

     

    下手くそコッパ釣師のカーミンさんの

    「画像クリックで別画像」だって真顔

     

    K君の「幸せのへっぴり腰」とかもどーよ真顔

     

    それからまだあったわ

    KUUはんの

    「あたちは仕上がってます」とかもな笑い泣き

     

     

     

     

    えっ、それってどんな時に使うかだって

     

    例えばこんな時です笑い泣き

     

    「あたちは仕上がってます」

    69b78460.jpg

     

     

    とか

    こんな時です笑い泣き

     

    「あたちは仕上がってます」

    5e20d36f.jpg


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ▼あなたの検定結果はこちら

    アメブロ漢字検定に挑戦してみよう


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    この動画見て笑える世代に生まれてホントよかったと思うよーアップ

    コロッケ ありがとう爆  笑

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    好きだったなあ、この番組。

    大人のエスプリが大爆発って感じで。

    イエスタディが最高でしたぁぁあ爆  笑

     

     

    こちらも、二曲目の山下達郎のがスゴイですわ笑い泣き


    このページのトップヘ