鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2017年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     終盤の吉野川(徳島)の鮎釣りを振り返ってみる。
     
     友釣り専用区は釣り荒れ気味とのことで、あえて区域外を選んだ。
     区域外はコロガシの残骸が根掛りするという嫌なリスクを伴う釣りとなる。

     貞光という町の河川に釣りバカ6名で降りた。うち4人はすぐに水深のあるトロ場に竿を伸ばす。
     グズグズしていた私とフルッチは入る場所を失い上手の瀬に向かう。

     先行のフルッチは瀬落ち付近で流れがやや緩やかになったところに竿を伸ばした。
     仕方なく私はもっとも流れの強い荒瀬に竿を構えることにした。

     コロガシも入らないほどの急流。腰まで浸かって上手に体を預けると徐々に押し流される。
     流されたらそのまま人生が終わりというコワい釣り場だ。

     仕掛けを思案した。
     オーナーのTG01で作った仕掛けがポケットにない。
     あるのは予備のメタコンポ015。

     ツケ糸はビミニツイストで結束したフロロの05。
     
    オモリは持っていた中で一番大きな4号をかます。針は満開チラシの9号だ。
     
     鮎の友釣りは一に場所といわれる。
     ここはきっと誰も手の付けられていないサラ場のはず。居たら一発でかかる。
     と、おとりを鮎を送り込む。が、流れの緩そうなところはどこにもない。

     竿を繰るも手元に全くコツコツという感触がない。
     おとり鮎が底を取っていない証拠だろう。

     養殖のおとり鮎を手元に戻すと、早くも口が開き気味で青色吐息だ。
     タングステンの比重19のオーナーTGなら展開も違ったのかもしれない。

     ツケ糸をはさみでちょん切ってほとんどなくした。ワンピース中ハリスのようだが、もともと中ハリス自体がそれほど長くない。

     で、オモリをおとり鮎の鼻先にかます。
     オモリを鼻カンから20センチほど離してかます通常のオモリ釣りとは違い、おとり鮎の自由度は全く失われる。

     が、ここではおとり鮎を沈めることが先決で、極論すればおとり鮎が半死にでもいいと思っている。
     底を取れば表面流より遅い流れになじんでくれるはずだ。
     また、この位置にオモリを付けると根掛りも少ない、ような気がする。

     友釣りは「1に場所、2におとり、3、4が無くて5に仕掛け」
     と習ったが、このケースにそれはあたらない。

     「1に場所、2に仕掛け、おとりは死んでも仕方ない」だ。

     ここがサラ場なら
     イライラした野鮎のそばにおとり鮎がチラついただけで突進されるはず。
     と信じて念じて、強烈な押しにゾンビ状態のおとり鮎を送り出す。

     流れに身を持たれかけ、面的に空白地帯の無きよう右往左往させる。

     と
     ガツーン! きたーっ!
     ノされるのに耐えて、反対側に竿を倒してタメる。

     グイグイとマッスルモンスターに対峙してしなる鮎竿。
     見上げるとダイワのエアメガトルク急瀬85のブン曲がり胴がギラリと陽光を弾く。

     ジリジリッと距離を縮めやっとこさ浅場に誘導。
     体を伸ばして両手を突き上げたら丸太ん坊鮎が飛んできた。

     ドスンッ!

     27センチの魚体がたも網の中で白い腹をバシャリと返す。

     とてもおとりには使えない。やれるところまでゾンビ鮎にやってもらうしかない釣りだ。

     半日やって19匹。
     27センチ筆頭であとはほとんどが24センチクラス。

     引き回された後遺症
     腕のシビレがジンジンジンジン止まらない。

     筋肉疲労の対価
     瀬釣りの「幸せいっぱい還元セール」を堪能。

     心地よい疲労感に包まれたながら皆で飲む夕餉の宴の生ビール。
     それは、還暦前の枯れた喉をグィッと潤しながら全身の細胞に染み込んで・・・・・・

     そう、鮎釣りも胃袋も、お金も

    ドカンピュー!
     
     な、吉野川遠征釣行でした。
    平成29年10月1日吉野川

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     いわゆる「ワシントンの正直桜」の話はあまりにも有名だ。
     アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンは
     子供の頃、お父さんが大切にしていた桜の木を切り倒してしまった。

    「これは誰が切り倒したのだ」

     父が尋ねると

    「はい私が切り倒しました」

     とジョージ・ワシントンは正直に答えた。

     父はワシントンの正直なことを大変喜んだという。

     

     今シーズンの8月

     ジョージ・ガバントンらも
     鮎釣りをしていてこの話と似て非なる出来事に遭遇した。

     
     それは、ガバントンの父がガバントン・ジュニアに鮎竿を貸していた時のことだ。

     竿はヤフオクで21万円で買ったダイワのスペシャルSF90。

     場所は有田川のダム下だった。


     ガバントンの父はガバントン・ジュニアらが釣っている現場に行って驚いた。

     それはそれは大切なダイワのスペシャルSF90が真っ二つに折れて河原に転がっているではないか。

     冷静さを失った父は
    「おいこらっ!」
     と、ちんたら竿を伸ばしている二人を呼びつけて言い放った。


    「これはいってー誰が折ったんじゃが?」


    「おいらじゃねえっす」

     ジョージ・ガバントン・ジュニアは毅然と答えた。


     ガバントンの父は今度は女鮎釣り師KUUに目を移した。

    「じゃあワレが折ったんかえ?」

    「けっ、あっしのわけねえっしょー。ガバントン・ジュニアにきまってんでしょうがー。だいたいこらおっさんワレってどこ見ながら言うとんじゃー ワレー

     女鮎釣り師KUUは昼間から河原でワインを一本空けすっかり出来上がっていた。


     父が腕組みをして首を傾げた瞬間、いきなりKUUの前蹴りがガバントン・ジュニアの股間に命中した。
     ガバントン・ジュニアは悶絶しながらも飛びついてKUUの鼻にかみつき二人の激しい取っ組み合いが始まった。


     慌ててガバントンの父は二人の中に入り取っ組み合いを離すと思った。


     これはKUUがあまりにも酔っているため真相究明には困難を極める。

     まるで今の相撲界で起きている「日馬富士の暴力問題」と同じではないか。


     今思いつく最良の解決方法はこれしかない。

     ガバントンの父は二人に向かって声を張り上げた。


    「では、当事者同士が相撲を取って決着をつけなっしゃい!」



     

     了解す!

      おら
      おら
      おら
      おら
      おらーっ
             ギャー

    キャプ11111

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     ゴルディアスの結び目というのがある。
     複雑にもつれて誰にもほどけない結び目だ。
     
     この結び目を解く者はアジアの支配者になるであろうと言われた。

     世は紀元前333年、アレキサンダー大王の若かりし頃の話だ。

     もしこれが天才の諸葛孔明ならサカサカッとほどいていたかもしれない。
     また、もしこれがめちゃおりこうさんの一休さんならポクポクポクチ~ンとトンチでほどいていたかもしれない。


     が、そのゴルディアスの結び目を見たアレキサンダー大王は
     躊躇なく腰の剣を引き抜き一刀両断にしたという。


     見守っていた取り巻きの兵士たちは大歓声を上げた。
     英雄待望論とはこういうものだろう。


     今シーズン女鮎釣り師KUUと釣っていて
     似たような場面がガバチャサンダー大王様にもあった。


    「大王様、メタコンポの005がもつれてなかなかほどけません!」
    「はいぃ?・・・・・・(たく、いつも足手まといな野郎だな)」


    「大王様、今掛かり始めたところなのでなんとかしてくださいまし!」
    「ちっ・・・・・・(てめえでなんとかしろよっ。こちとらまだボウズなんだぜ)」」


    「大王様~ぁぁああどうかお願いします~」
    「どれ、こちらに持ってきなさい(つか、もう車に戻って屁ぶっこいて寝とけって)」


    「はい! ありがとうございます」
    「どれどれ、ほー、これはなかなかもつれましたね(たく~こんなんほどけるわけないやろ。隣の知らんおっさんにでも頼めよな)」


    「大王様でも無理にござりますか・・・・・・」
    「なーに任せておきなさい・・・って・・・か・・・ん~! ん~!・・・ぐそっ

    ブチッ!

    あ~~~っ・・・・・・き、切っちゃいましたね大王様」

    「よいか、のちにアジアを支配するこのガバチャサンダー大王様にゴルディアスの結び目みたいにもつれたメタコンポを渡すでない。む、私のポケットにはたまたま昨日パチンコで勝った2000円が収まっておる。これでほれそこにあんまり賢そうでない三人組の水浴びしてる子供たちがおるであろう。それらに言い聞かせて近くの釣具店からメタコンポの完全仕掛けを買いに行かせるがよい。ただし、つりは即行よこせよ。そしてそのメタコンポ代はこの寛大なる大王様が来月の君の給料日まで待ってやる。利子はトイチなどというケチなことは言わん。言わんが・・・・・・また相談しよう」

    「はぁ?」






    「これ、そこの子供たち 飴玉をあげるからこっちに来なさい」



    は~い?
    e481dac2aae4f9c83a95cb922e2c6189_400ddd





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    先ほど
    こたつでうたた寝をしていたらメールが鳴り
    見ると熊野川に鮎釣りに行ったフルッチからでした。

    昨日到着して今日の2時頃までで75匹の鮎を釣ったらしいです。
    ちょっと上手では2時間で130匹の方もいたとか・・・。

    まだ白い鮎が釣れているとのこってす。

    彼は友釣りも好きで・・・。
    40027b4a.jpg

    エサ釣りも好きで。
    ガバチャよりはるかにオ〇釣りが好きです('ω')ノ
    d9b3e124.jpg

    これは数年前に熊野川の宮井の橋から撮った写真ですが
    この後、例の紀伊半島大水害を受け
    私たちも熊野川の釣りからしばらく遠ざかってました。
    2653b752.jpg


    熊野川も徐々に復活してきたみたいですね。

    この調子なら今年は12月までやれるんじゃないかと思います。
    c8d62615.jpg
     グーグルマップによる情報コーナー(*^_^*)
    フルッチが熊野川で
    まぁまぁな白ピカ鮎を75匹釣った場所はここーっ(要クリック)



     熊野川の河川情報や鮎餌釣り情報は和歌山県新宮市にある
     「ささおか釣具店」より入手できま~す。
                 住  所 和歌山県新宮市五新7-28
                 電話番号 0735-21-4038
     ささおか釣具店は午前8時開店。チャーミーな太公望の女将さんと頼もしいご主人がお待ちしております。

    85a2c745.jpg
     

    さて
     11月、また熊野に行きたいな
     と思いを馳せながら
     秋の夜長を楽しんでいるガバチャです。

     KUUはんから健康に良い店を紹介してもらい
     そこで晩飯がてら飲む機会が増えました。
     80歳のママさんの手料理が並ぶ店です。



     ママさんは愛媛の宇和島の出身で
     8人兄弟の末っ子。

     今日は誰もお客さんがいない
     と
     やおら私の横にこぢんまりと座り

     引っ張り出してきたアルバムを開いて
     自らの人生を語り始めます。

     ・・・・・これには泣けたね。


     やがて一枚の写真にガバチャの目が止まります。
     「ミッキーカーチス?」
     「ええ、そうですよ」
     ママさんの目がキラリ。



     これは、もしかして・・・・・・
     全く違う店だが
     ミッキーカーチスとのツーショットを
     飾ってある店がある。

     そう
     ガバチャのいきつけ
     ジャズバーヘンリー
     順子ママの若かりし日
     ミッキーとの付き合いは何十年も続いたという。



     私は後日
     ヘンリーの順子ママにその店のことを話した。
     ら
     順子ママは
    「ふーん、そのお方って年も私と同じぐらいやね。明日にでも行ってみるわ」
     と目を細めました。




    「その方とどっかでつながっているような気もするし。あはは」
     と順子ママ。

     世の中、広いようで狭い。
     ただ袖を擦りあっただけの縁もある。

     かすかなものをたぐり寄せることに天衣無縫な順子ママ。

    「人生は旅」だと言われるが
     ママは勇敢な旅人だと思う。

     そのような旅をつづけながら
     自らの世界観を広げ続ける。

     きっとあの奇跡とした若さの秘訣は
     そのようなところにあるにちがいない。

     まだピヨコのガバチャは
     このお二人の可憐な化学反応を目の当たりにしながら
     心地よい秋の夜長にグラスを傾けたいと思います(*´ω`*)






      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     先日居酒屋で飲んでいたら
     隣席からけたたましいやり取りが聞こえてきた。

    「そんなん和式であるはずないやろぉ」
    「ほんとうやって。調べてみいや!」
    「外れたら水が背中越して頭にかかるで」
    「ノズルが伸びてきてズッポリささったらどないするんやろ」
    「とか、ノズルが伸びすぎてもっと前にある〇〇にサワサワってこすれたりして」
    「そんときゃ、拙者、坂東玉さわろう でござる、とか音声案内がするんちやうか、ははは」
     そのやりとりは酒の勢いもあいまって店中にひびいていた。

     どうやらウォシュレットの話のようである。
     それも和式の便器についているものが実際に存在するという内容だった。

     ウォシュレットはすっかり私たちの生活に定着してしまった。

     ガバチャは思う。

     以前は上司から
    「君はそんなことも知らないのかね。顔を洗って出直してきなさい」
     などと叱咤されたものだが

     やがてこれは
    「君はそんなことも知らないのかね。ケツを洗って出直してきなさい」
     という言う方に変わるのだろう。

     そのぐらいウォシュレットは私たちの生活に定着した。

     しかし、和式便器にウォシュレットはきいたことがない。

     で、ネットで調べてみたら
     なんと
     一発でヒットした。

     ほんとにあるんだ こんなもの( ゚Д゚)
    キャプチャqwer



     しかし実際使えるのかどうかは試してみないとわからない。

     よしこのレビューは
     ポチに頼もう。

     ポチよ
     どこかに行ってこの和式トイレのウォシュレットを使用し
     使い心地とかをこのガバチャ様に報告するのじゃ。
     よいな!

     ポチ・・・
      ポチーッ!




    はい?
    無題der








    このページのトップヘ