鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2019年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    10年も住んだ神戸を引き払うことになった。
    片づけるのが大変。

    部屋の中ひっくり返していたら
    懐かしい漫画が出てきた。


    ガロ
    まである。


    ガロは
    古本としては希少価値があって高く売れるのではないだろうか。

    神戸元町の古本屋にでも買い取ってもらおうか。
    でも、この古本屋には入る勇気がないな。

    なんか変なおじさんに押し倒されそうで( *´艸`)


    思えば十年
    さすらいにさすらいまくったな。

    和歌山に拠点があるとはいえ
    根無し草のストレンジャーだよ。

    いろいろな出会いに感謝。
    これからもストレンジャーよろしくさまよい続けます。

    週末は
    ビリージョエルのストレンジャー

    な気分で
    口笛吹きながら揖保川か?(^^♪
    aキャプチャ11111



    BEGIN/Kiroro/MONGOL800/かりゆし58/HYら、沖縄で平成最後のカウントダウン BEGIN/Kiroro/MONGOL800/かりゆし58/HYら、沖縄で平成最後のカウントダウン
    …meeting。陽光を感じる軽快な「DIAMANTES」から一転、「ストレンジャー」(ビリー・ジョエル)のイントロに導かれるように登場したダンディな2人に、会場…
    (出典:音楽(Billboard Japan))


    ストレンジャー(英: Stranger) ストレンジャー (ビリー・ジョエルのアルバム) (原題:The Stranger) - ビリー・ジョエルのアルバム。 ストレンジャー (曲) (原題:The Stranger) - ビリー・ジョエルの曲。上記アルバムにも収録。 Stranger (星野源のアルバム)
    1キロバイト (112 語) - 2016年4月2日 (土) 07:37



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    【ストレンジャー 10年ぶりの引っ越し迫る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    安田川は減水気味でした。
    今年の冬はまとまった雨が全然降らないそうです。
    IMG_20190224_090542

    実家との別れの朝は
    やはり
    朝飯は
    昨夜の残りの鯖寿司をストーブで焼いていただきました。

    高知の実家では昔から常識です。
    ついでに稲荷寿司も卵巻き寿司も焼たった(*^▽^*)
    IMG_20190223_080218


    高知の実家から四時間かけて徳島の南海フェリーに。
    船の中ではコンセントの付いた机席がありパソコンができます。
    IMG_20190224_172029_1


    でもさすがに紀伊水道の真ん中あたりまで来るとWi-Fiがつながりません。
    実家との別れの朝のサバ寿司美味しかったなー、などと思い返すうち
    ペドロ&カプリシャスの「別れの朝」を思い出してリスニング。

    やっぱペドロ&カプリシャスは二代目の高橋真梨子より初代の前野曜子の方が歌唱力は上だったような気がします。
    甲乙つけがたいけど僅差で前野曜子に一票(*^▽^*)
    (出典 pbs.twimg.com)

    前野 曜子(まえの ようこ、1948年1月25日 - 1988年7月31日)は、日本の歌手である。本名は前野 耀子(読み同)。ペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカルである。宝塚歌劇団在籍中の芸名は弓 千晶(ゆみ ちあき)、その後の初期芸名は西丘 有理(にしおか ゆり)。1980年前後の時期、俳優として劇場用映画・テレビ映画に出演した。
    11キロバイト (1,107 語) - 2019年2月9日 (土) 11:03

    前野曜子の動画ってなかなか無くって貴重です。
    前野 曜子 / 別れの朝

    (出典 Youtube)

    こちらのサイトもよろしくね(*´ω`*)
    歌うヘンリーのじゅんちゃん


    【高知の安田川は減水気味でした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    グラスリの穂先 見つかりました。
    実家の竿ケースを思いっきり揺さぶったら出てきました。
    この前は逆さにしても出てこなかったのに
    思いっきり揺さぶったら出てきました。
    IMG_20190223_092309

    皆さんが重たいといわれるSMTです。
    他の竿に付け替えてもさほど重たくなったとは思いません。
    グラスリは竿自体が持ち重りのする竿なのではないでしょうか。
    隣は、一緒に出てきたアバンサー大鮎の穂先です。
    前にも記事で書いた通り
    メタカラマンじゃありませんね。
    使い勝手はこちらの方がすぐれていると思います。
    IMG_20190223_092730

    で、竿ケースに入っていたのはこんな竿。
    いったい
    この竿に
    なんでこんな替え穂先を一緒にしまったのか
    自分でもよくわかりませんわ。
    IMG_20190223_092511

    一体全体
    なんでやねん。
    IMG_20190223_092821

    今回は室戸岬をショートカットする峠越えで
    奈半利川の上流を通ってきました。
    IMG_20190222_162154

    実家では鯖寿司を焼いていただきました。
    高知の故郷では昔から常識です。

    腹パンで、さて今日は大事なひと仕事が待ってます。
    えっこらせー!
    IMG_20190223_080218

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログ村の注目記事
    アルゴリズム変えたのか
    なんか変じゃないっすか( ゚Д゚)

    一位のヤツの記事なんか
    2/16日のでっせ。
    一週間ぐらい前の記事。

    で、これまでの事例を見ると一位の滞在日数がとんと長い!
    キャプチャ0222


    かと思ったら
    昨日のヤツの記事がもうベストテン入りしてたりするし( ゚Д゚)
    キャプチャ00222



    前の方が良かったと思いますが・・。

    ブログ村の村長さん
    お耳に届いたら
    アルゴリズムの再検討をよろしくお願いいたします。

    今のままでは皆さん注目記事のインデックスに注目しなくなりまっせ。

    まぁ、あんまりこだわってない人にとってはどうでもいい話ですが。。('ω')ノ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私だけが変わっているのか・・・。

    一般的には「それは良くないでしょう」
    と言われるのかもしれませんが
    あることがあってから私的にはそれでずっとやってきている。

    あることと言うのは
    20年ほど前に鮎竿の上栓を河原で無くしてしまったのである。
    どこで無くしたやらさっぱり見当がつかない。

    結局、買いなおそうと思ったら釣り友から「その上栓は1万円近くするで」と言われて
    買いなおす検討すら止めてしまった。

    そんな絶望体験以来
    私は、上栓をつけたまま河原に鮎を釣りに下りないことにした。

    とまあ、ここまでなら変わっているほどのもんでもなく
    何人かこのような釣り人には会ったことがある。

    が、私の変わっているのは車で釣行移動する際も上栓をつけていないのである。
    (もちろんロッドケースには収めているが)

    で、シーズンオフは洗って箱に入れて屋根裏に立てかけと置くので全く上栓は不要と言うことになる。

    でとどのつまりは
    こんな感じでコタツの上のパソコンの横に年から年中置いてあったりするのです。
    IMG_20190219_211125




    私は上栓がいらないのでその分鮎竿を安く売ってほしいと思っている。

    私は上栓はしていないが、いつなんどきも柔らかいスポンジを詰めている。
    ちょっと長めの柔らかいスポンジ。

    ヒャッキンで買ったのか、家の中の何かについていたのかも忘れたようなスポンジをハサミで切ったりして上栓の代わりにジュボッて差している。

    鮎ベストにも収まりやすいし、無くしてもへっちゃらである。
    そのスポンジを詰めて、いつもポケットに収まる下の写真にような竿袋に入れている。
    これで十分なのである。
    (生涯トーナメンターでもあり有名ブロガーでもあるもりじぃさんと)
    IMG_1690


    ならば今回のタイトルのような鮎釣りグッズ新製品開発研究所などと大上段に構える必要はないのでは・・と思われるかもしれないが、できたらこの竿袋とスポンジが合体しているものがあったらいいなと思ったので、たいしたことない③としたのである。

    ひょっとしたら寡聞にして存ぜずで、もうそのような製品は出ているのかもしれませんが。

    つまりこの小さくなって胸ポケットに入る式の竿袋の内側に
    竿に上栓の代わりとしてジュボッと入るスポンジが施されている製品があったらいいなと思ったのである。

    あんまり大した発想ではないが、個人的にはそんな商品が出たら即買いに走るだろうと思います。
    きっとそんなに高いものではないでしょうから。

    メーカーさんもしまだ作っていなかったら作ってください。
    必ず一つは売れまっせ(*^▽^*)


    (出典 tsurigu-ten.com)



    【鮎釣りグッズ新製品開発研究所 たいしたことない③】の続きを読む

    このページのトップヘ