鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    camping-691424_640

    2020年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    フェイスブックを見ていて驚きました。
    東おとり店の投稿です。

    数人の釣り人が同じような手口でやられているようです。
    鮎が食べたかったのでしょうか?

    だったら自分で釣りなさい!
    最低な奴は神聖なるアユ釣り場にはいらないデス(-_-メ)
    Screenshot_20200831_173452_com.facebook.katana


    見つけたらポリスにつきだすぜ( ゚Д゚)

    ポリス (バンド) (The Policeからのリダイレクト)
    ザ・ポリス (The Police) は、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍した、イギリスのロックバンドである。ロックの枠組みの中に、レゲエの要素を加えるという斬新な音楽性は、ホワイト・レゲエとしばしば呼称される(2ndアルバムのタイトルとなった「Reggatta de blanc」とは、「White
    14キロバイト (1,432 語) - 2020年7月25日 (土) 13:06



    (出典 i.ytimg.com)




    小説 安田川 その32 【有田川に最低なヤツ現る(-_-メ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    行ってきました尺鮎大会。
    キャプtyチャ


    楽しかったか?
    と訊かれればNoー(*_*;

    じゃあ楽しくなかったのか?
    と訊かれてもNoー(*´Д`)

    なんじゃそりゃと言われれば
    ぐやじ~の一言で~す(-_-;)

    ガバチャ マイナス一匹のボウズでした~(T_T)
    IMG_20200830_070357


    開始早々
    光の速度の次に早いのではないのかと思われる
    マッハ87ぐらいの超高速急瀬に竿を伸ばし
    オトリ鮎に3号のオモリを2つつけて強制的に爆沈させます。


    いきなりドッカンピュー! と嶺北の空が真っ二つに割れるほどの衝撃波が走りメガトルクが大爆発!

    下は大淵。
    コワくて全くついていけず弦月の竿を強引に横倒しにしようとしたら
    オトリ鮎がロケット花火で発射ー( ゚Д゚)

    ガバチャの顔をめがけて放物線を描くヘロヘロの囮鮎を
    すんんでのところでかわして第一ラウンド終了で~す(T_T)
    IMG_20200830_071327

    仕掛けやハリの事は今となってはいろいろ考えるところがありますが
    ここでは割愛。

    とにかくガバチャが非力です。
    メガトルクの大鮎竿を使いこなせていません。

    今日からどうやって筋肉を補強するのかを考えたいと思います。

    結局、同じことが4回起こって一匹は根掛りで回収できずに終了しました。
    攻めすぎる撃沈王と呼んでくださいまし~(T_T)

    今日唯一の成果は・・・

    そぅ
    IMG_20200830_092546

    福田名人とお話しできたこと(*´ω`)
    IMG_20200830_092519

    満点スマイルにお人柄がにじみ出ています。
    憧れますね~(^^ゞ
    IMG_20200830_092541_1


    そして、抽選会も写真を撮り忘れましたが
    同行者とも良いものをいただき替えっこいたしました。

    ガバチャ、車の後ろに敷くやつゲットー(^^)/
    IMG_20200830_111131

    で肝心の優勝者は・・・
    そしてその鮎の寸法は?

    ちょうど腹ぐわいが悪くなりトイレでいきんでいましたので

    窪添さんのブログ日々☆苦戦にてご確認くださいませ(*´ω`)

    前日の穴内川での練習は・・・
    IMG_20200829_172249


    今日のマッハ87ぐらいの超高速急瀬のことを思えば
    全然予習にはならなかったと思います(;^ω^)
    IMG_20200829_171402

    鮎も23センチと言えばこの川ではまだ子供の部類ですしね。
    IMG_20200829_143512_1


    でもまぁ、夕食も酒も美味しかったし・・・
    やっぱ楽しかったかな。

    いやいやでもでもやっぱりりん

    このぐやじ~気持ちを忘れずに
    筋肉増強に励んで来年こそは

    世界の中心の四国のお山のど真ん中で
    大鮎をヤッターと叫びたいと思います(^^)/

    窪添さん、大会事務局お疲れさまでした。
    素敵な大会を毎年ありがとうございます!

    ガバチャ
    できたら死ぬまで参加したいと思いますのでよろしくお願いいたしまっすー(^^ゞ
    IMG_20200829_172622



    小説 安田川 その31


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    病院から呼び出しを食らい
    昼に解放される。

    釣り仲間に連絡を取ると有田のダム上でデカいのを釣ったとのこと。

    迷わず走る。
    も、生石高原を抜ける辺りで天気が急変。

    たたきつけるような大雨に。
    最近なんか行いが悪いことしたっけな( ;∀;)
    IMG_20200827_140024

    デバリに着いたら
    皆さんズンズン増水して濁る川を前に躊躇していました。
    IMG_20200827_142541_1

    この濁り方は
    ちと無理っぽい。
    IMG_20200827_143258


    せっかく来たので下に降りた。

    いよっ雨男! いらったい!
    IMG_20200827_150549

    これが噂の潜水缶でっか!
    IMG_20200827_150417_1

    などと話をしているうちに雨も小降りに。
    柴崎さんに電話を入れると押手はほとんど降らずに川は平水とのこと。

    やがて濁りも取れてくるのではないのかと竿を出したのが四時前。
    濁りがきつすぎるのに、グレートワーポンは掛けていた( ゚Д゚)
    IMG_20200827_154850_1

    この前買ったばかりのジェントルパワーの調子がよさげです。
    IMG_20200827_154903_3

    この日の竿頭はハセポンでした(*´Д`)
    IMG_20200827_163453

    測っていないけど25センチは超えているでしょうね。
    IMG_20200827_173013_1

    結局、濁りが取れたのは納竿した五時でした。
    ガバチャ、たったの二匹( ゚Д゚)
    IMG_20200827_164511

    型はレギュラーサイズの23センチ前後でしょう。
    IMG_20200827_172823

    鮎釣りのだいご味が味わえる季節になりました。
    IMG_20200827_173138

    もう少し水温が下がったら
    あちゃこちゃでドカンピュ祭りとなるでしょう(*‘ω‘ *)
    IMG_20200827_173151

    帰路、腹が減ってどうにかなりそうだったので、ウドンなど食べてみました。
    で、帰宅したら晩御飯がまたウドンだなんて・・・

    オラ、最近なんか行いが悪いことしたっけな( ゚Д゚)
    IMG_20200827_193244


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    潜水艦ヒキブネを作ろうとしたのですが
    やっぱもったいないので止めました。

    つか、これがあったのです。
    10年ほど前につもっちゃんからもらったこの友缶。
    IMG_20200826_171951

    つもっちゃんのお父さんが戦前から使っていたものを
    黒く色を塗って私にくれたのです。

    それに私が古いヒキブネの蓋を付けて鮎を出し入れしやすいように改造しました。
    IMG_20200826_204323

    一応、エアーも送れるようにしています。
    IMG_20200826_203128


    沈めたらそのまま自沈するので便利ですね。

    名付けて潜水缶( *´艸`)
    IMG_20200826_202929

    有田川ダム上の鮎釣り師は戦前からずっとこの友カンを下げて鮎釣りをしてきたそうです。
    柴崎オトリ店長もいつもこのタイプを下げていますね。

    とにかくオトリが弱りにくく
    猛暑の日には抜群の威力を発揮するとのことです。

    今まであんまり使わなかったけど
    地球温暖化が進んだようなのでガバチャも灼熱の日には使いたいと思います。
    IMG_20200826_204128

    ヒキブネについていたアンカーを潜水缶の方につけてみました。
    IMG_20200826_204226

    まぁいろいろと試してみましょう(*´ω`)
    IMG_20200826_202544



    やっぱり猛暑の日の

    アユにはこりぃーだな( ゚Д゚)

    クインシー・ディライト・ジョーンズ二世(Quincy Delight Jones II、1933年3月14日 - )は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。マイケル・ジャクソンと共同プロデュースしたアルバムにて売上世界一
    18キロバイト (1,364 語) - 2020年8月20日 (木) 07:59



    (出典 merurido.jp)



    【やっぱ潜水艦ヒキブネではなく潜水缶にしよう(*´ω`)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    以前も記事にしましたが
    ガバチャも地球温暖化の波に押されて作ってみることにいたします。

    フロートを取り除いた沈むヒキブネです。

    ヒガポンはガマのスケルトンで自作しておりました。
    IMGA0093

    一見、普通のヒキブネかと思いきや・・・。
    IMGA0098

    押して沈めると
    IMGA0100

    こんな感じで
    IMGA0096


    完全に沈没いたします( ゚Д゚)
    IMGA0101


    灼熱地獄の日にはこれがいいかもですね。

    どっかのメーカーさんが
    ワンタッチで浮いたり沈んだりするヒキブネを商品開発してくれたらよいのですがね(*´ω`)
    IMGA0103

    石を乗っけて沈めておくとかは
    なかなかバランスをとって沈めるまでが大変です。

    移動の度にやらにゃいかんしね。
    何度も浮き上がってきちゃあ石乗っけたりで汗だくですわ。
    IMG_20200823_124305


    コロコロ石が転がってきちゃってさぁ・・・

    ローリングストーンズだよ~( ゚Д゚)


    ンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、数多くのヒット曲がある。 ローリングストーン誌の「最も偉大なアーティスト100」にて4位。 ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて5位。
    146キロバイト (18,545 語) - 2020年8月21日 (金) 03:41



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    【潜水艦ヒキブネが活躍しているようですネ( ゚Д゚)】の続きを読む

    このページのトップヘ