報知の地区予選で今まで一度も1回戦落ちをしたことのない当クラブの細川さん。
 かとおもったらうちの例会では使い古しの仕掛けで、巨鮎の取り込みの時プッツンと切らせたりして常に周囲の話題をかっさらってきました。
鮎釣り師のひとり言


その細川さんに、今年の例会ではなにやら秘策があるというのですが・・・。


この出で立ち。
みんなブーッと吹きましたヨ。

確かに木の覆い被さった竿抜けのポイントに短竿は必要。
でも、半日という長丁場の例会では広いポイントも狙わなくてはならない。

で、背中に短竿をさして手には長竿を持ってと、二本携えたとのこと。
宮本武蔵の二刀流釣法と本人は鼻息が荒いのですが・・。



 ところが、狙っていたポイントには先客のおじいさんが竿を伸ばして全く動かず。
 結局、短竿の出番はなかったらしいのですが、なんと、長竿を想定外のポイントで木に絡めてしまって往生していました。

 背中に竿をさして、河原を落ち武者のようにトボトボと歩く細川さんに「釣れましたか」と訊くと片手を出して指を4本繰っただけでした。
8d0f516c.jpg


 で、落ち込んでいるかと思えば、さらに変なところに向上心の思考が向いていったようです。
 今度は腰ベルトにナタかノコギリをさして釣行するに違いありません。
f86af073.jpg



 さて、本日 水曜日の有田川ダム上の状況です。
 写真は押手橋の上流。
 40センチ高で今日も3人ほど竿を出して7匹ぐらい掛かったとのこと。
 このまま雨が降らなければ、明日か明後日は出水の後の入れ掛かりとなりそうです。
18fdc59b.jpg


 こちら、押手橋の下流。 
 細川さん、砥石でナタといでんちやうかな。
 にゃはは。
14d55997.jpg



 細川さん、鮎釣り界のスーザンボイルになれっ!




柴崎おとり店は こちら。

〒643-0601 和歌山県有田郡清水町押手77
℡0737-26-0413



より大きな地図で 柴崎おとり店 を表示



ポチッとヨロシクダウン
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック