鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    便利なgoogle検索

    ガバチャの小説

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    以前も記事にしましたが
    ガバチャも地球温暖化の波に押されて作ってみることにいたします。

    フロートを取り除いた沈むヒキブネです。

    ヒガポンはガマのスケルトンで自作しておりました。
    IMGA0093

    一見、普通のヒキブネかと思いきや・・・。
    IMGA0098

    押して沈めると
    IMGA0100

    こんな感じで
    IMGA0096


    完全に沈没いたします( ゚Д゚)
    IMGA0101


    灼熱地獄の日にはこれがいいかもですね。

    どっかのメーカーさんが
    ワンタッチで浮いたり沈んだりするヒキブネを商品開発してくれたらよいのですがね(*´ω`)
    IMGA0103

    石を乗っけて沈めておくとかは
    なかなかバランスをとって沈めるまでが大変です。

    移動の度にやらにゃいかんしね。
    何度も浮き上がってきちゃあ石乗っけたりで汗だくですわ。
    IMG_20200823_124305


    コロコロ石が転がってきちゃってさぁ・・・

    ローリングストーンズだよ~( ゚Д゚)


    ンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、数多くのヒット曲がある。 ローリングストーン誌の「最も偉大なアーティスト100」にて4位。 ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて5位。
    146キロバイト (18,545 語) - 2020年8月21日 (金) 03:41



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    【潜水艦ヒキブネが活躍しているようですネ( ゚Д゚)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     鮎返しの滝が第三次選考を通過したとの知らせがあった。

    a6227c81.jpg


     鮎返しの滝は、アユノスケ師匠の超燃える鮎友釣りのブログに連載させていただいた小説だ。

     連載期間は2010年2月22日から19回にわたる。

     この小説、有田川で流木民という民宿を営むワッキーさんと話をしていて閃いたものだ。

    「四村の奥に鮎返しの滝っつーのがあるんやしょ。昔そこで入れ掛りになったことがあってな。今は砂防工事でほとんど埋まったけどよ」

     その話を聞いたボクは早速車を走らせた。
     
     地元のおばちゃんらに訊いて場所を特定、確かに鮎返しの滝はほとんど埋まっていた。

    「あんた滝が見たいんやったら、金屋の次の滝に行きなあよ」
     とおばちゃんたち。

    「次の滝?」

     和歌山の熊野にある日本一の落差を誇る那智の滝。その次に大きいので次の滝と名がついたらしい。

     今度は車を金屋に走らせた。

     山奥に分け入りやっと次の滝が姿を現す。

     唖然とした。

     こんなすごい滝が近くにあったなんて。

     切り株に腰をおろし、その滝を見ながら小説の構想を練った。

     三日で半分書き上げて後は連載の楽しみにと書きながら考えることにした。

     連載を始めてすぐに、ブログを見た方から面白いと好評をいただく。

     特に前半のラーメン屋でのやり取りをあげられる方が多かった。

     あれは実は日高川の竜神の道の駅にあるラーメン屋での実際の出来事である。

     数年前、アユノスケ師匠とオーイカズ会長とほぼあの小説のとおりの経験をした。

     そのようなリアリティが功を奏したのかもしれない。

     また、この小説では初めて、自分の知り合いのみならずブログ村でコメントをいただいた方々にも何人か登場してもらった。

     そんな感じで楽しみもしたが、毎日の連載はプレッシャーがかかり疲れる。

     案の定、後半書き疲れで展開が急になった。

     また、いつかゆっくり書き直そうと気楽に構え筆を置いた。

     今年の夏ごろ、公募ガイドを見ていたら熟年の小説公募があった。

     ま、せっかく書いたのでと、だめもとで応募していたら今回の知らせである。

     411作品とあるので、一次で半分に、二次でその半分に、三次でその半分にと考えると五十作以内には入ったことになる。

     これからどうなるのかわからないが、いずれにせよこの作品は後半の展開にもう少し手を加えなければならないと考えている。

     それはまたシーズンオフのお楽しみにととっておこう。

     って、まだオフじゃないってこと。

     ええ、ガバチャ 今季まだ納竿してませんてっ。

     リビングで家内のツノが2本天井を突き破ってますが・・オォ ノォ~叫び



     いつの間にか、カレンダーは秋の夜長に突入していました。
    1b9fe43d.jpg


     布団に寝っ転がって、昨日は昔読んだこんな本を読み返しました。
    09199b41.jpg


     漫画なのですが、この二人の作品は小説に通じるものがありますね。
    d976bbaf.jpg



     ボクの文体のバイブルはこれです。
    a90a03ae.jpg







    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     数年前のこと、親交のあった船長がガンで亡くなった。
     船長から生前に手渡されていたものがあった。

     小説のネタを書いた便せんである。
     船長から、自らの船舶経験を小説に書いて欲しいと頼まれていた。

     突然逝ってしまった船長に約束を果たせなかった後悔から、急いで書き上げた。
     葬式の三日後、船長の奥さんにだけ原稿を手渡した。

     船長からは「書くときには妻の星子を主人公にしてください」と言われていた。
     星子さんにそのことを告げると「読ませていただきます」と目を潤ませた。

     星子と書いてそのままホシコと読む。
     最近になってせっかく書いたので、と日本文学館のコンテストに応募してみた。

     そしたら先週「審査員特別賞」に選ばれたと通知があった。
     嬉しい。少しでも報われたような気がして嬉しい。

    「船長、やりましたよ」
     ボクは心の中で小さく言ってガッツポーズをつくった。


    6ee6646d.jpg


    b86984da.jpg


     船長の十八番。
     スナックで飲んでて船長がこの曲を歌い始める頃には、たいがいボクは酔っててお気に入りの女の子とダンスを踊ってました。
     船長、歌が上手だったんだよな。



     その頃、ガバチャの歌っていた曲。


     一緒にダンスをしたナオミちゃんが歌ってくれた曲。




    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
    にほんブログ村

    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     無言の勇一が船上に引き上げられた。
     丸窓の中の勇一は目を閉じたままだ。リエが半泣きでヘルメットを外すと、勇一の目がゆっくり開いた。リエが勇一の鼻血をタオルで拭った。勇一はうつろな目でリエと浩也を交互に見た。

    「つむじ風剛右衛門の呪いやしょ」
     と勇一は精一杯の笑みをつくった。
     リエがしゃくり上げる。とにかく病院に急がなければならない。西脇漁港までは全速力でも半時間以上はかかる。

    「救急車を呼びましょうか」
     浩也の言葉に勇一は、「大げさなことすんな」と力を入れた。
     浩也に介抱を頼んでリエはウインチを全力で巻いた。錨を上げると操船室に駆け込みエンジンをかけた。隆栄丸のエンジン音が上がる。浩也は、勇一の顔にかかる飛沫を遮るように背中をかがめた。

     十分ほど走った所で、勇一の顔色が心なしか戻ってきたように感じた。勇一が無言で上半身を起こした。操船室のリエが「寝ときなさい」と叫ぶ。勇一は薄笑いをつくって言うことを聞かない。

    「もう、大丈夫やしょ。ちょっと気い失うてただけやしょ」
     心配そうな浩也の手を勇一は振り払った。頭を左右に何度か振ると自立しようとしたが、直ぐに尻餅をついた。隆栄丸はゆっくりとカーブしながら西脇漁港に入った。まだ、朝の漁が終わっていないのか漁港はがら空きだ。

     隆栄丸が着岸するのとほぼ同時に、白の乗用車が目の前に止まった。
     リエは船を着岸させると舫を取るため、小走りした。岸壁にロープを投げると、乗用車のドアが開いて二人の男が現れた。

     二人とも野球帽をかぶってサングラスをしている。一人の男がロープを拾い上げて急いで船を係船金具に結わえ付けた。もう一人は辺りを窺いながらピストルをつきだしている。

    「騒いだら撃つで。本物やからな」
     ドスの利いた声ではなかった。細く高い声で語尾が震えていた。

     船上の三人の動きはピタリと止まった。ピストルを持った男が顎で指図すると、もう一人の男が船に飛び乗ってきて木箱を車へと運び出した。トランクには収まらず後部座席にも積み込んだ。

     ピストルを持った男は、腰をひいた体勢で銃口を代わる代わる三人の方に向けている。大声でも上げようものなら本当に撃ち殺されるだろう。浩也は、まだ潜水服を着て身動きの取れない勇一の傍らで身動きひとつ出来なかった。

     男らは全部積み込むとタイヤを鳴らして走り去った。
     あっという間の出来事だった。

     浩也はふと昨夜のヨットの連中ではないのかと思った。勇一が船床を叩いて悔しがった。呆然としていたリエが気付いたように勇一のもとへ駆け寄った。浩也と二人がかりで勇一を車に乗せると病院へと直行した。


     西庄から大阪の岬町へと抜ける山道に猿坂峠という人気のない場所がある。
     その峠のため池の横で白いの乗用車が発見されたのが翌朝のことだった。

     地元の老人会が朝のウォーキングで偶々脇道に逸れて発見したらしい。
     不審に思って通りざま覗き込んでみると二人の男が寝ていたと言う。

     ナンバーは和泉ナンバーであった。老人会は、バス釣りで溜め池にでも訪れたのかとそのままやり過ごしたらしい。が、次の日の朝もそのままの状態でその車はあった。

     老人会が警察に連絡したが、二人は既に死んでいた。一人は、大阪市内の有名進学高校に勤める国語の教師、もう一人は、和歌山市木本で歯科医院を営んでいる者だった。

    「あ、親父の行ってた歯医者やんか」
     勇一があんぐりと口を開けた。

    「なんと木箱の中身は、旧日本軍の毒ガスでした」
     ワイドショーのキャスターが興奮気味に伝える。

    「ど、毒ガス!」
     三人は絶句した。浩也は勇一の見舞い訪れていた。リエと三人で休憩室のテレビに釘付けになった。番組は解説を加え詳しく報道をした。

     車内では、木箱が二つ開けられており、栓の開いたビール瓶が二つ転がっていた。分析の結果、瓶の中身はホスゲンという旧日本軍の毒ガスだった。

     平成六年、世間を騒がせた宗教団体が女性ジャーナリストのアパートにまいた物と同じだ。吸入すると体内の水分と反応し、肺の中で塩酸が生成される。呼吸困難で死に至るほどの猛毒だ。

     昭和二十年八月十五日、日本の敗戦が知らされると、軍事裁判での処刑を恐れ全国各地で砲弾や毒ガスの隠蔽工作が始まった。和歌山でも、進駐軍が和歌山港に到着するまでの一ヶ月間、多くの砲弾が処理されたことが記録に残っている。

     砲弾の手っ取り早い処分方法は海洋投棄だ。船で運んで投げ捨てるだけの労力の軽さは陸上埋設の比ではない。現在でも、日本の海には回収し切れていない旧日本軍の砲弾が多数残存していると言われている。また、米軍から投下された不発弾も多く眠っている。

     昭和四十七年には、新潟港で港湾工事中の浚渫船海麟丸が不発弾によって爆沈し、死亡事故まで起きているほどだ。毒ガスもどこに埋まっていても不思議ではない。

     毒ガス製造は罪が重たく裁判にかかればまず処刑になる。そのことから、開発製造も敗戦後の処理も極秘裏に行われた。

     現在、政府も調査中だが実態はほとんどわからない状態だ。
     と、番組は最近九州の苅田港で三十九発の毒ガス弾が出て港湾工事が中止になったことを図表を使って説明した。

    「あっ、あのヨット」
     勇一が声を上げた。浩也も目を丸くした。テレビは歯医者の贅沢な私生活に焦点を当てていた。

    「こんなんでまだ金が欲しいってか」
     勇一が言うと、傍に座っていた老患者が相槌を打って笑った。ニュースは次の事件へと移った。

     三人は病院の中庭に出た。
     おそらく、亡くなった歯医者は隆三から相談を持ちかけられ、古文に詳しい知り合いの高校教師に頼ったのだろう。二人は解読をすると隆三らに伝え、後は・・・・・・、浩也はそれ以上想像することを止めた。

    「ワイもあの木箱は、お宝なんかやなしに米軍の捨てた何かやないかと思うたんやけど、まさか毒ガスや何て思いもよらなんだわしょ」
     勇一は淡々と語った。

     終戦後間もなく、和歌山港に進駐軍が到着した際、アメリカ兵達は沢山の物資を海に投げ捨てた。長旅で古くなった食料品やゴミを、船の上から投げ捨てたのだ。

     漁師達は船上からその様子を見ていた。日本は、食料も物資も枯渇した時代である。進駐軍が大阪に向かっていなくなったのを見計らって、潜水士たちは海中に潜ってそれを拾い上げた。物資は、コンビーフの缶詰やビールの詰まった木箱だった。

     勇一は、そんな話を親父や潜水士仲間の年配者からよく聞かされていた。だからそのたぐいの物資ではないのかと、海底で最後の木箱にロープを結わえる時に思いついたと言うことだ。

     上船したら、そのことを言って中身を確認するつもりでいたらしい。が、その後に捨て石の直撃を食らって気を失ってしまった。

     後は、勇一の捨て石直撃騒動でみんなの関心がすっかり木箱から遠のいた。
     勇一の捨て石直撃がなかったら、もっと別の展開になっていただろう。下手をすると自分たちが同じ目に遭っていた可能性だってある。

     浩也は勇一が気が付いた時、「つむじ風剛右衛門の呪いやしょ」と言ったことを思い出した。そして、捨て石が飛んできたから良かったのではないのかと思い始めた。

     あれは、剛右衛門の呪いではなく、まっとうな人生を遅れという忠告ではないのか。恐らく剛右衛門は財宝を隠したのではなく捨てたのだ。浩也はその時の状況を想像した。

     表の顔は廻船問屋、裏の顔は海賊の親分として悪事の限りを尽くしてきたつむじ風剛右衛門。

     表の世界も裏の世界も、結局世の中は金による世界で人間関係が成り立っている。それは金を奪おうとしての、ドロドロとしただまし合いや殺し合いの世界だ。

     つむじ風剛右衛門の時代も、今の時代も大金を前にして生じる人間模様に変わりはない。

     浩也は、時代こそ違え未だに変わりのない人間の心にやるせなさを感じた。死期を悟った剛右衛門は自らの人生を顧みて、莫大な財宝をめぐる親族の末路を憂えたのではないだろうか。こんなものは誰にもわからないところに捨てたほうがよい。人間は汗水垂らして働いて、自分が生きていけるだけの糧があればよいのだ。そう考えたにちがいない。

     だとしたら、あの山立ては剛右衛門には必要なかった。剛右衛門と財宝を乗せた船に必要だったのは、行き帰りの見通しだけ、つまり狐の出会う友が島への行き帰りの目印だけでよかった。

     神無月と和歌山城を山立てたのは、その船を漕いだ地元の漁師だろう。やはり、財宝の欲に目がくらんだのだ。

     漁師は、真っ暗な海で櫓を漕ぎながらもう一線を決めるための二つの明かりを探した。目に入ったのは、神無月と和歌山城だ。漁師は、友が島のかがり火を一致させながら、神無月が和歌山城の真上に来るまで櫓をこぎ続けた。

    「剛右衛門さま、この辺りが潮も速く紀ノ川の土砂も埋まりやすいところでございます」
     漁師はそう言って、神無月が和歌山城の真上に差し掛かった所で船を泊めた。
     そして、それを誰かに言って書き留めてもらった。それが、あの古文書ではないのか。

    「ワイは石に当たって良かったんやしょ」
     リエが怪訝そうな顔で勇一を見上げる。

    「そんなもん見つける暇があったら働けって。親父も天国でわかったんやしょ」
     勇一はガラにもなく目を潤ませた。

    「馬鹿な親父を許いちゃってくれえや」
     勇一は浩也に頭を下げた。

    「やっ止めてください。誘ったのは私の母の方なんですから」
     浩也が言うと、リエが二人の間を割るように進んでベンチに腰を下ろした。
     浩也と勇一がリエに目を移す。リエは中庭の色づいた楓を見上げていた。

    「四十九日に行く?」
     リエが独り言のように言った。

    「行きましょう」
     浩也が言うと勇一も頷いた。

     隆三の四十九日の法要が行われた後、三人は再び隆栄丸に乗り込んだ。
     リエの手には花束が持たれている。浩也は手慣れた様子で舫ロープを外すと船に飛び乗った。

     隆栄丸は心地よいエンジン音を立ててゆっくりと離岸した。
     澄み切った高い夜空に、上弦の月が浮かんでいる。浩也は揺れる船に身を任せて空ばかり眺めていた。隣に座ったリエも膝を抱えて同じように空ばかり見ている。

     港外に出ると、隆栄丸は大きく船体を傾け雑賀崎に舳先を振った。
     リエの体が遠心力に押されて浩也に寄り添う。
     船が傾きを取り戻し直進体勢に入っても、リエは浩也に寄り添ったままだ。

     リエはゆっくりと浩也の肩に顔をもたれかけた。リエの細い髪の毛が浩也の頬を撫でる。浩也は刹那母の匂いを思い出しリエの方を向いた。気付いたリエがゆっくりと顔を上げる。

     三人を乗せた隆栄丸は、一定の隆起を繰り返しながら山立ての場所へと向かっていく。

     それは前進するというよりかは、むしろ水平線の向こうに浮かぶ夥しい星空に向かって登っているようでもあった。


                                                       

                                                                





    ガバチャのひとり言

     チャイムが鳴るので出たら隣のKちゃんと母親が立っていた。
     Kちゃんとは隣の小学生の女の子。

    「あのぉ、レモン少しいただいてもいいですか」と母親。
    「どうぞどうぞ好きなだけ取ってください」とボク。

     言うが早いか、Kちゃんは我が家の庭にあるレモンの木に登り始めた。
     あらら、と母親が傘を持って追いかける。
     
     Kちゃんは雨など関係ないと言った感じで手をのばしてレモンをちぎりはじめた。
     ボクも高切りばさみを持って加勢する。
     
     高いところの丸々としたレモンをいくつも切り落とした。
     キャッキャと喜ぶKちゃん。
     
     いくつもの枝付きレモンを抱えたKちゃんが礼を言う。
     訊くと、薄い輪切りにして砂糖水で漬け込むらしい。

    「おいしいのできたらおっちゃんにもあげるからねー」
     と笑顔のKちゃん。

     はは、嬉しい。嬉しいよー。
     久しぶりに心がスッと晴れた。

     見ると雨が上がって雲の切れ間に青空が開いていた。
     レモンの葉がきらりと光る。
     春はやはりやってきた。
     
     子供の笑顔ほど素晴らしいものはない。
     辛いことが多いけど、ボクらも少しずつ笑顔になろう。


    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
    にほんブログ村


    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     翌日、海は少し時化ていた。

    「潜れますか」
    「こんくらいやったら大丈夫やしょ」
     勇一は、肩に掛けていたタオルの両端を持ってねじると頭に巻き付けた。

     三人を乗せた隆栄丸は西脇漁港を出航した。
     ポイントはGPSが覚えている。淡路島の方にまとまった漁船群があり、近くには釣り遊びのプレジャーボートが点々と浮いていた。
     がそれも、ポイントに近づくにつれ殆どいなくなった。

     目の前を南海フェリーが通り過ぎていく。その航跡波を、隆栄丸は大きく上下しながら乗り切った。 隆栄丸の速度が落ちる。ポイント付近に到着したのだ。

     ポイントは昼間見ると思っている以上に陸寄りだった。この時期の透明度は高い。だが、目を凝らしてみても海中で笹竹は確認できない。意外に深いようだ。

    「こんなとこやったっけなー」
     勇一がまぶたの絆創膏をさすりながら独り言のように言う。

     隆栄丸は、船を固定するために前後にアンカーを張る作業にはいった。隆栄丸はポイントから一端南に五十メートルほど離れた。

    「アンカーデッコウ」
     勇一の声が飛ぶとリエが重たいアンカーに手をかけた。

     要領を得ずに所在なく見ていた浩也が慌ててリエに駆けつける。が、リエは細い腕で大きなアンカーを引きずるように持ち上げると、船縁を擦りながら海上に押し投げた。

     アンカーは繋がれたロープを強引に引き込みながら一挙に海中に消えた。アンカーが固定されたのを確認すると、隆栄丸は今度は北に進み、ポイントを五十メートルほど過ぎた辺りで泊まった。勇一の合図を待って、今度は浩也がアンカーを投げ入れる。

     勇一がウインチを巻き上げると、隆栄丸は南北に張られたロープの緊張に従って斜め横に動いた。そして、ついには船位を固定した。
     船上で勇一の潜水準備が始まった。勇一は、体にぴったりと張り付くような毛糸製のつなぎを着ると腰を下ろした。

    「これがカブトやしょ」
     勇一は宇宙遊泳で見るような潜水服を広げた。

     潜水服は煤けたオレンジ色で、首の所に頑丈そうな金具がついていた。リエが潜水服を着せ始めた。勇一は、時折にこやかな顔をしながら窮屈そうに潜水服の足から体を入れていった。
     潜水服の中にすっぽりと収まった勇一の顔をリエがタオルで拭き、そのタオルを折って頭にかぶせた。リエは、真鍮製のヘルメットを抱きかかえると勇一の頭に慎重にかぶせた。ヘルメットが勇一の顔にすっぽりとはまり潜水服の首の輪っかに着座すると、リエはきゅっとヘルメットをひねって固定した。

     勇一は宇宙遊泳の姿になった。立っていられないほど船は揺れている。
     リエが腰を落として勇一の脇を支える。浩也も見真似て反対側の脇を支えた。勇一はゆっくりと立ち上がると、リエに手を添えられて船縁の梯子までたどり着いた。

     潜水服の靴底に張り付いたオモリがコツコツと船床に響く。勇一は向きを変えると梯子を下り始めた。梯子の下半分は海中に没している。勇一は海底に首だけ出た状態になると、ヘルメットの丸窓からリエと浩也を交互に見た。勇一は視線を上空に移すと、一気に泡を出して海中に消えていった。
     暫くして交信が始まった。ザーッとスピーカーの音が鳴る。

    「こちらリエです。視界はどうですか。どうぞ」
    「ああ、暗いけどなんとか見えてます。どうぞ」
     リエは手慣れた様子だ。

     浩也は真一文字に口を結んだまま、勇一のはき出す泡を見つめていた。
     勇一の見つけようとしている笹竹は、自分たちのものと母達が入れたものとの二本あるはずだ。

     浩也は昨日は勇一に対し絶対に潜って欲しいと頼んでおきながら、今更怯んできた。何度考えてもこうするより仕方なかったと思いながらも怖かった。
     最悪の事態に耐えうる自信など全くないのだ。想像するだけで背筋をぞっとしたものがはい上がってきて気がどうにかなりそうだった。

     母がこんなところにいるはずはない、と浩也は祈りながら揺れる海面を見つめた。
     勇一が海底の状況を伝えた。海底は浮泥の場所で、一歩歩くたびに舞い上がって視界を塞ぐ。勇一は暫く濁りの収まるのを待つとのことだった。

    「目印の竹は発見されましたか。どうぞ」
    「まだ見えません。どうぞ」
     雑音混じりだが、勇一の声ははっきりと聞き取れた。

    「ロープが見つかったら連絡を下さい。どうぞ」
    「了解しました。どうぞ」
     海面上に沸き上がる泡が勇一の位置を示している。泡は、まっすぐ進んだり戻ってきたり斜めに移動したりと動き回わると、やがて一カ所に止まった。

    「見つかりましたかどうぞ」
     リエが訊くと暫く間を置いて返事が返ってきた。

    「見つかりました。どうぞ」
     リエが浩也に振り向いた。浩也の顔が曇る。勇一からの報告を待つしかなかった。スピーカーがガーガーと鳴る。

    「自分たちの入れた竹ではなかったです。どうぞ」
     リエは絶句して返事を返せなかった。

    「竹だけが沈んでます。どうぞ」
     立て続けに届いた勇一の言葉に、浩也は大きなため息をついた。

    「自分たちの竹を探します。どうぞ」
    「了解です。どうぞ」
     勇一の泡がゆらゆらと蛇行して行ったり来たりする。勇一からの連絡はなかなかなかった。リエはマイクをおくと浩也に近寄った。

    「もう、引き返す?」
     リエがしんみりと言う。

    「いえ、せっかく潜ってもらったんですから」
     浩也は船床に腰を下ろした。

    「あたしねえ、お父ちゃんがほんまに欲しかったんは宝もんやないと思うの。お父ちゃんは宝物を見つけるということにがむしゃらになっていたんじゃ無いと思うのよ。正直誰だってお金は欲しいわ。でも結局お金って何かを得るための手段にしか過ぎないでしょう。今朝勇一に、あんたのお母さんの手がかりが得られなかったら止めましょうって言ったの。そしたら勇一は、親父は宝物を手に入れたらワイやお母ちゃんやお姉ちゃん、そしてあんたのお母さんつまりはあんたのために使うはずやったんやから、それを探してやるんが親父の供養になるんやないかって言うのよ」
     浩也はリエの顔を見上げた。
     その遙か上空にカモメの群れが流れていく。ガーガーとスピーカーが鳴った。リエはマイクのところに引き返した。

    「自分たちの竹を発見しました。どうぞ」
     リエはちらりと浩也の方を見た。

    「それでは、半径五メートル以内の探索をお願いします。どうぞ」
    「了解しました。どうぞ」
     勇一は潜る時三メートルほどの突き棒を持っていた。
     リエの話では、埋没物を探す時には、その突き棒を海底面にゆっくりと差し込みながら探すのだという。経験を積めば、突き棒の感触で埋没物の材質までわかるとのことだ。
     
     勇一は、丹念に突き棒を使って半時間ほど探査したが、五メートル半径内にはそれらしきものはなかった。

    「目的物らしきものはないです。どうぞ」
    「了解。続いて十メートルまでをお願いします。どうぞ」

    「了解。そやけど、船が流されてないか。どうぞ」
    「了解。ちょっと見てみます。どうぞ」
     リエは和歌山側と加太岬の方を遠望した。
     陸上の目標物で山立てをしていたのだ。船に乗り慣れた人間は常に自分の位置を確認するために陸を見る。勇一の言うとおり、隆栄丸は紀ノ川の流水の影響なのか潮の加減なのかはわからないが、西に流されていた。リエが、アンカーを引っ張る機械の前に座りエンジンをかけた。リエは、歯車の横から二本突き出ているレバーを握って倒した。

    「はずれてるわ」
     リエはエンジンを切って、またマイクを取った。

    「北のアンカーがはずれてます。どうぞ」
    「了解。暫く待って下さい。どうぞ」
     三人は暫し勇一からの連絡を待つこととなった。勇一の吐き出す泡は北の方に移動して、右往左往した。

    「底が緩すぎてアンカーがききません。どうぞ」
     海底面が浮泥で緩く、アンカーが引っかからないのだ。
     アンカーを打ち直すことになった。が、何度か打ち直しても北側だけがどうしても海底面に刺さらない。船が固定できなければ潜水作業は出来ない。

    「少し東の方に捨て石があるのでそれに結わえます。どうぞ」
    「それは危険ではないですか。どうぞ」
     勇一の、アンカーの一方を捨て石に結わえる提案にリエは反対した。
     勇一は捨て石の所まで移動すると状態を報告した。捨て石とは、港湾工事に使用する大きな石のことだ。隆栄丸の東側に伸びた防波堤の基礎石が、先端付近で崩れたものらしい。

     捨て石は数十個ほど転がっていて大きなものは畳ほどの大きさがあるとのことだ。長年の放置でどれも半分は埋まっているという。その内の、四方の石にかみ合った冷蔵庫ほどの大きさの石にロープを結わえ付けるとのことだ。

    「他にやりかたはないです。どうぞ」
     勇一は口調を強めた。

    「了解です。どうぞ」
     リエは仕方ないといった感じだ。捨て石付近で泡が出続けた。
     作業終了の勇一からの連絡を待って、リエは慎重にウインチを巻いた。

    「全然大丈夫です。どうぞ」
     勇一が、捨て石のビクともしないことを伝える。リエが不安な表情でレバーを少しずつ倒した。ワイヤーロープが軋む。沖に流されていた隆栄丸が、ポイントのほうへと徐々に移動した。浩也は見えもしない捨て石のあろう方向をじっと睨んだ。やがて隆栄丸はポイント上に船位を固定した。

    「再開します。どうぞ」
    「了解しました。どうぞ」
     リエは大きく息をはき出した。
     勇一は、ゴミをかき分けこまめに探査を繰り返しているようだ。突き棒がそれらしきものをなかなか捉えることが出来ないのか、暫し連絡が途絶えた。半時間ほど経った時スピーカーが鳴った。

    「何かの木箱がいっぱいあります。どうぞ」
     リエは目を丸くした。

    「いったん上がります。どうぞ」
     勇一は状況報告に上がることになった。
     泡がはしごに近づき勇一がゆっくりと上がってきた。リエと浩也が手を貸す。リエは船床に椅子を置いた。温泉などにある木製の椅子より大きめのものだ。勇一はそれに腰を下ろした。

     リエがヘルメットのネジを緩めゆっくりと脱がした。現れた勇一の顔は汗だくで息も荒い。リエが勇一の顔をタオルで丁寧に拭く。勇一は息を整えると口を開いた。

     突然、穴ぼこにがくっと体が落ち込んだらしい。慌てて浮力を確保するために船上に伝えようとしたら、握ったまま埋まった突棒の先にこつこつという感触があった。そのままの状態で突棒を何度も突いた。間違いなく木箱の感触だという。

    「最低でも五個はあるっしょ」
     勇一は真顔で言った。

    「お姉ちゃん、エアリフトの用意してくれんか」
    「よっしゃ」
     リエは、畳半畳ほどの船床の板を取り除いた。
     中から、身の丈ほどもある直径二十センチ程の黒い塩化ビニールのパイプや、ロープを取り出した。エアリフトとは、大きな管に空気を送り込み、その空気の吐き出る力で海底に穴を掘る装置だった。リエは要領よくエアリフトを組み立てた。

     勇一はエアリフトを持つと再び潜水した。
     箱は、現地盤から三メートルも下に埋まっているとのことだ。コンプレッサーのエンジンがかかった。空気を送るパイプが振動する。直ぐに音吉丸から少し離れた海面に、黒い泥が濛々と沸き上がった。よく見ると、ビニール袋などのゴミも一緒に沸き上がっている。海底に穴が掘られているのだ。

    「エアリフトを止めて下さい。どうぞ」
     五分ほど経つと海底の勇一から、エアリフト作業の終了が告げられた。
     リエがエアリフトを船上に引き上げようとするのを、浩也が加勢した。二人は、泥にまみれたホースを海水で洗い落としながら船上に引き上げた。

     やっと引き上げ終わって額の汗を拭う広也の目が沖の一点に釘付けになった。黒い帆のヨットが浮かんでいる。隆栄丸からかなり沖の方に離れてたところをゆっくりと南進しているようだ。

     横のリエは声も上げずに呆然とそのヨットの動きを見守っている。黒い帆が異様に聳えて、隆栄丸を威嚇しているようにも、また監視しているようにも見える。ヨットは何事もないように等速で南進を続け、やがて雑賀崎の岬に消えていった。

    「あの夜のヨットに違いありません」
     浩也がそう言うと、リエは訝しそうな目で振り向いた。

    「ただのヨットなんやろか。マリーナシティの方に行ったみたいやけど」
     リエはヨットの消えた雑賀崎の岬を睨み付けていた。

    「そうでしょう。でもあんな黒いヨットがあるんですね」
     浩也は大きく息を吐いた。

    「私もあんなヨット初めて見たわ」
     リエは雑賀崎の岬を睨んだままだ。スピーカーがガーガーと鳴った。

    「木箱は全部で七つです。ロープを降ろしてください。どうぞ」
     リエが慌ててマイクを握る。

    「了解です。どうぞ」
     海面の泥の濁りはすっかり拡散していた。
     リエはアンカーを緩めて、木箱のポイントへと船位を移動した。浩也が、錘を付けたロープを海底に降ろす。

    「それでは上げて下さい。どうぞ」
     浩也は、そろりそろりとロープを手繰った。水面近くに古い木箱が姿を現せた。ビールのケースほどの大きさだ。浩也に体を寄せてリエもロープを掴んだ。木箱は結構重たい。何とか水面を切って木箱は船上に上がった。二人はまじまじとその木箱を眺めた。。

     木箱は古いがしっかりした作りだ。リエが木箱を開けようとした。が、蓋が頑丈に固定されていて空かない。リエは立ち上がると浩也の肩に自分の顔が当たったのも気にせず、蓋を開けるための道具を操舵室に探しに行こうとした。

    「ロープを下ろして下さい。どうぞ」
     勇一からの連絡があり、リエははっとした顔で引き返してマイクを取った。

    「ハイわかりました。どうぞ」
     リエは早口で答えた。

     木箱の中身が本当に時価数十億円もの財宝だったら大変なことになる、と浩也は唇をかんだ。
     木箱は順次引き上げられた。全く同じ大きさの木箱で七つある。

    「もう木箱はありません。最後に、ポイントの竹を撤収するので、船を移動してください。どうぞ」
    「了解、船を動かします。どうぞ」
     リエはマイクをきっちりとスピーカーの横に掛けもせず、小走りでウインチのところに駆け寄った。

     浩也は落ちたマイクを拾うとスピーカーの横に掛けた。リエは慌ててウインチのレバーを握ると、手前に倒した。隆栄丸がギシギシと音を立てて徐々に移動し始めた。 舳先が少し斜めに沈んだ様な気がした時だった。

    「巻き過ぎてるっしょ止めー」
     勇一の叫び声がスピーカーから聞こえた。

     リエが両手でレバーを握って全体重をかける。が、ウインチの巻き上げは急には止まらない。
     船体が海中に引き込まれるようにぐぐっと沈んだ。と思ったら、今度は一転して船体がドーンと言う音と共に跳ね上がった。リエが悲鳴と共に跳ねとばされた。浩也も船縁に体をたたきつけられ転がった。

    「はずれたぁ」
     リエは呻きながら小さくそう言った。ウインチがゆっくりと止まった。

     浩也にも状況は想像できた。ウインチに巻かれすぎ、耐えきれなくなったアンカー代わりの捨て石が、周囲のかみ合わせの石を蹴散らし外れたのだ。アンカーロープに繋がれた捨て石は、ウインチに巻かれながら海中を切り裂くように移動しているはず。冷蔵庫ほどの石にぶつかったらと思うと、浩也は体が震えた。

     浩也は祈るような気持ちで船縁にしがみついて、泡を凝視した。その泡は見たこともない早さで船の方に近づいている。強制的な力で動かされている不自然な等速運動だった。

     泡は、浩也の目前まで来るとあっさりと船底を横切った。浩也は顔をしかめて立ち上がった。同時に、リエの絶叫が響いた。

    「ゆ、勇一ィー」
     パンパンにふくれあがった潜水服が船縁の傍に浮いていた。浩也は無我夢中で服を脱ぐと飛び込んだ。
     リエが狂ったようにケンツキを伸ばす。




     ガバチャのひとり言

     地震の日からよく眠れない日が続いた。
     「あんた・・」と家内に起こされる。
     虚空をつかみあがく夢の途中が思い出せない。

     地震直後に映し出されたテレビ映像が頭に焼き付いている。
     地を這う黒い津波を嘘だと思いたかった。

     現地の被害を知るたびに、胸が締め付けられる。
     神様を恨みたい。

     現実があるだけで、観念から発達した営造物のほとんどは瓦解した。
     さいころのように転がった防波堤。
     鉄筋の基礎から引きちぎられた建物。
     ボクらはいったい何を了知していたと言えるのだろう。

     歴史は繰り返す。
     その試練を乗り越えて紡ぎあげられた理性が今の文明だと思いたい。
     だからボクらはまたやれる。

     地震や津波の怖さを忘れずに前を向いていこう。
     助けあい支えあう人の優しさに希望を持っていこう。

     復興のまだほんのとば口に立ったばかりで、傷心していた自分にそう言い聞かせた。

     みんなで力を合わせて、がんばれ東北! がんばれ日本!

     

                 被災に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。



    ポチッとヨロシクダウン
    にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
    にほんブログ村


    超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!

    このページのトップヘ