鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    便利なgoogle検索

    鮎釣り日誌(友釣り)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    福井は足羽川の民宿陣屋を出たのが朝の6時半頃
    岐阜の板取川上流には昼前に着きました。

    なんでこんなに時間がかかったのか・・・
    それは、高速道路が大渋滞でにっちもさっちも動かなかったからです。

    こんなんわかってたら九頭竜からの山越えをした方がずっと近かったでしょう。

    トロトロ運転で疲労困憊
    やる気ほぼゼロ状態で板取川上流に・・・と!
    P6152788

    川を見たとたんに急に元気がもりもり湧きました。
    なんて綺麗な川なのでしょうか!
    ガバチャはこれまで60河川に釣行しましたが
    この川の美しさは間違いなく5本の指には入ります。

    掛かりアユも
    綺麗でぽっちゃりチャーミングう~!
    深みでひときわ大きな鮎が掛かってスマホで撮影しようとしたら

    予期せぬ出来事が発生( ゚Д゚)

    スマホの電気がつきません!

    ついさっきまで充電は50パーセントは超えていたので電池切れのはずはない。
    しかし、どないやっても電気がつかなくてズンズン途方にくれます。

    これは故障でもしていたらどえらいことになる、と釣りどころではなくなりました。
    車に戻ってあれこれやってみたけど全く動作せずに真っ暗なままです。

    二回ほどコケたけど水には浸かっていないし・・・と宿には戻ってみたものの
    全く反応なしは続きます。
    P6142783

    一応、デジカメを引っ張り出して
    ブログ魂の発露で今日の釣果をパチリ
    7匹ですタ。

    ここは最上流部でもう少し下流の方が数は出るとのことでした。
    でも川がきれいなので満足感はあります(*‘ω‘ *)
    P6142780

    それにしてもこのスマホ反応なしには困りました。

    一夜明けて、大阪まで戻ってきてスマホショップに駆け込んであれこれやってもらっていたら
    突然ブィンで手ごたえがあって充電0パーセントが表示されます。

    店員さんが電源コードを差し込むと1パーセント・・2パーセントと充電されました。
    とりあえずよかった! けど原因は何?

    店員さんの見解では
    私がどこかでコケたりしてこのスマホに衝撃を与えたのではないのかということです。

    アンドロイドは衝撃が加わると突然フリーズして真っ暗になることかあるとのこと。
    それからは電池が自然にすべて消耗されるまでは何を行っても反応がないらしい。

    それは一日かかる場合もあるとのことで
    昨日の二時半頃に鮎釣りのさ中にスマホが壊れてからショップに持ち込んだのがちょうど24時間ぐらいでした。

    そういえば河原を歩いていて二回ほどコケたのを思い出します。
    後で見てみるとタモ網の枠が折れてしまっていたのです。
    まぁ足元もおぼつかなくなります。
    九頭竜川64匹、足羽川28匹、板取川7匹
    今日もどこかの川で竿を伸ばしていたらきっとボウズだったでしょう。

    今回の鮎いきたりばっ旅で様々な人たちと出会いいろいろな話をさせていただいたことに感謝いたします。
    ありがとうございました。
    また、いつか元気で会いましょうー(^^)/




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    旅先でスマホが壊れてしまい
    えらいことになっています。

    全く電源が入らない状態です。

    皆さんに電話やSNSやメールでの応答がないことをご容赦ください。

    板取川上流のほとりで一杯やっています。
    昼から良型を7匹でした。

    では( ;∀;)


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    初日の九頭竜川に続き支流の足羽川に行ってきました。
    パンフレットには6トンとなっていますが
    オトリ屋さんの話では実際7トン放流したとのこってす( ゚Д゚)

    昨日67匹掛けたという場所に行ってみましたが
    すでに三名の先行者ありでした。

    しかたなく誰もいない上流でやったらこんなおチビさん

    10時ぐらいからちょっとエンジンがかかって

    やっと、足羽どかんぴゅもありました。
    昨日の疲れがドカンピューしてしまい今日は水揚げ高が伸びません。
    結局、28匹で終了でーす。
    って、民宿陣屋なんすけど(*‘ω‘ *)
    いったい何泊しとんねん・・・

    みなさんの夕食に、昨日ガバチャが九頭竜川で釣った鮎が出されていました。
    若女将さんがレモンサワーを一杯付けてくれましたー♡

    嬉しいーと、リミッターが外れたガバチャ
    ガンガン飲みまくります。

    いつしか台所の方に行って座り込んでしまい
    先代の女将さんと若女将さんと長々話し込んでしまいました。

    いろんなこと話して
    あんまり覚えてないけど
    これ

    すっかりフーテンの寅さんみたいになってしまったガバチャ
    明日もまだ帰らないつもりってかー( ゚Д゚)

    飲みすぎた
    おやすみなさい・・・

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    九頭竜の解禁に来ています。
    20210612_055243_HDR

    オトリ屋は金ちゃん(*‘ω‘ *)
    ざっと見たところ五松橋の前後に100人は並んでいます。


    午前中は五松橋のちょい上手の分流で入れ掛り!

    こんなんやら

    こんなんも

    もぅ何匹掛けたかもわからずに昼食休憩です。

    金ちゃんが数えてくれるというのでお任せしました。
    ら、なんと35匹!

    やったー! と雄たけびを上げる金ちゃん・・・

    あのーどうでもいいんすけど
    それってガバチャの釣った鮎なんですけど( *´艸`)
    数が少ないのはお釈迦になった鮎を金ちゃんの晩酌のアテにと差し上げたからです。

    で、金ちゃんとこで昼飯食べてえっちらおっちら河原に降りたら
    さらに釣り人が増えて入るところがありません( ;∀;)

    こんなに広いのに
    なんで満員なんでしょうかね九頭竜川は

    後で知ったのですが今日の解禁には400人来ていたそうです(*´Д`)

    結局、昼からの分を足して59匹でした。
    と思ったら午前中に金ちゃんにあげた鮎を勘定に入れていなかったので64、5匹です。

    また、お釈迦になった鮎は金ちゃんの晩酌のアテに・・・
    って、金ちゃん・・・金ちゃーん

    そーっと中をのぞいてみるとテレビをつけたまま裸で高いびきでした。

    写真は午後の分です。

    金ちゃんのところから鮎をヒキブネに入れたまま行ったり来たりしていたので
    その間に鮎はグロッキーです。
    って居候かよ( *´艸`)
    ホタルを見て子供のようにはしゃぎました。

    あすは足羽です!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    有田川ダム上に6月中旬から下旬の間? に予定されている追加放流ですが
    なんとその量は2トンらしいです!

    これには柴崎おとり店に集まった面々もビックラポンです( ゚Д゚)

    解禁前の放流量が2.75トンだったので
    追加と言うよりかは再放流に近いほどの大型放流となります。

    ただし、ほとんどが8グラムぐらいのチビッコ山口県産とのことですので
    楽しめるのはしばらくしてからとなるでしょう。

    参考までにこの16センチの鮎で約40グラムです。
    20210610_075641_HDR


    HOさんと久しぶりに有田川ダム下の和田オトリ店に行ってみました。

    と言っても、もうオトリ店はとうに止めていますし
    女将さんの話ではあの豪快なご主人は88歳で施設に入っているとのことです。
    20210610_160137_HDR

     私は20年ほど前にこのオトリ店によく通っていた頃
     ベストの後ろにダイワの尾崎名人にサインしてもらった
    「鮎は集中力」を背負って釣りをしていました。

     オトリ店のご主人には「集中力のにいちゃん」と呼ばれ可愛がってもらっていました。
     当時は行くたびに50匹は釣っていました。

     今はそのような集中力はありません。
    20210610_122056_HDR

    HOさんはこの「壁の瀬」で何を思い起こしながら竿を出したのでしょうか。
    20210610_142800

     いつの間にかみんな年を取ってしまいました。
    「壁の瀬」のガタゴト岩の危なっかしい川相は今も昔も変わりません。

     きっと、地球が太陽に吸い込まれて消滅する50億年後までこのままでしょう。
     その時私は何回生まれ変わっているのでしょうか。

     川を見下ろす巨大な樹木にでもなっていたらラッキーなんですけどね~(*‘ω‘ *)
    20210610_124147









    このページのトップヘ