鮎釣り師ガバチャのひとり言

釣りあげた鮎で仲間と酒を飲む   これ人生のユートピア!

    便利なgoogle検索

    鮎釣り日誌(友釣り)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    鮎釣りの楽しみ方にはいろいろあるでしょう。

    アウトプットは

    数を求める。
    型を求める。
    その両方を求める。
    仲間とのセッションを求める、等々・・・。

    どれも数値化できるものですが
    アウトカムは、その結果「自分が幸せな気持ちになれる」ということでしょう。

    それは自らの達成感であり、仲間との共感であり、いささかの優越感でもあります。

    私たちは多くの方が二つの世界を生きています。
    仕事とそれ以外。

    仕事に生きがいや楽しみを持たれている方は少なく、それ以外でいかに自分が楽しく過ごして心のバランスを保とうとしているのか。

    そこに鮎釣りを持ってきている人たちに私は親しみを感じます。
    前も後ろの時間も関係なし、出会ったその瞬間はみな友達です!

    今シーズンも鮎釣りでいろいろな方と出会いました。

    何もない宇宙空間にひとつだけポツリと浮かぶ星に時間の経過はないでしょう。
    別の星が近寄ってきてすれ違うせつなに時は流れるのです。

    人の人生をその星に例えれば
    すれ違う数が多いほど同じ時間でも密度の濃い人生を送ったことになります。

    極端に言えば、百個すれ違った星はひとつだけとしかすれ違わなかった星に比べて
    限られた時間軸の中で長生きをしたことになるでしょう。

    だからガバチャは動くのです。
    じっとしていない 笑

    風が吹くまま気の向くまま
    思い立ったら飛んでいく。

    忍法 放し飼いの術を身に着けるまでには30年を要しましたが体得すればこっちゃのもんです。

    今年、また素晴らしき鮎釣り師と出会いました。
    彼とは初めてセッションをした時にこいつはデキル! と直感しました。

    私はいつも直感に信頼を寄せますが、彼はまさにその直感を裏切りませんでした。
    私の「動」な釣りに対して彼の釣りは「静」です。

    その「静」には、まるでその場に臨場して竿を伸ばした瞬間にすべての現象を手中に収めてしまうような迫力があります。

    私よりもかなり若い彼もまた数多の星とすれ違ってきたキラ星なのでしょう。

    紀ノ川で二日連続の29cm越えはやりすぎだぞ!
    マジカル・モリケン

    また一緒に釣ろうぜ(*´ω`)









      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今日はグレート・ワーポンとトレンディ・センプウとマジカル・モリケン
    の四人で紀の川に繰り出しました。
    シマノのナギナタで10メートル先の遠いポイントを探ろうと考えました。
    H2.75なので慎重に取り込めば大丈夫だろうと・・・

    その選択はズバリ的中。

    すぐに良型1匹目
    続いてすぐに2匹目

    と、ゆっくりタメて引き抜こうとすると
    頭上でパーンとものすごい衝撃が( ゚Д゚)

    まさか、西笠田人民解放君がお小遣い値上げ闘争でついに武力行使にうってでたのか!

    なアホなことをとっさに思いつきながらも
    慌てて流れていく穂先をつかむ
    も、鮎は根掛りで回収できず涙の撤収です(T_T)

    もう10年ぐらいは使っているので老朽化だと思いますが
    やはり逃がした魚は大きい・・・
    20210927_100111 (1)

    やってくれるじゃねえかよ
    紀ノ川の巨鮎さん・・・

    涙が滝のように流れて脱水症状5秒前に!
    694b1f1d409c5a035db71fbb8c611c86_400

    ワンワン泣きながら場所替え~

    二か所目はトレンディ・センプウの一人入れ掛かりショー(^^ゞ
    ダイワのエムステージ0.2の水キレの良さで超急瀬にオトリ鮎が爆沈でーす。

    あちこちへの武者修行でさらにウデを上げたようで!

    グレート・ワーポンは今日も身体的特徴を生かしたプカプカ釣法で臨みます。

    そぅ、けっしてオトリがプカプカやなしに体がプカプカで半無重力状態に!
    なので永遠に足腰が疲れません。

    でも、特大ドカンピューがきたらそのままプカプカ引っ張られて
    紀伊水道まで一直線に流されるという事態もー( ゚Д゚)

    どうぞご安全に!

    マジカル・モリケンはマジシャンのようなテクニックで次々と鮎を掛けまくり
    終わってみればやっぱり竿頭( ゚Д゚)
    背後からその技を盗もうとそっと近寄ったら
    耳ダンボ・・・のマジックは
    は、ありませんでした( *´艸`)
    128689092960616231347

    そんなこんなで三か所目と頑張るも
    ガバチャは3匹の大撃沈( ゚Д゚)

    熾烈なドカンピュ合戦はやはりこの男に!
    29cmドカンピュ(*´ω`)

    グレート・ワーポンも27.5cmドカンピュ(*´ω`)

    ガバチャは可愛く26.5cmドカンピュ(*´ω`)

    でも、トレンディ・センプウの超特大ドカンピュにはみんな腰を抜かしたでぇ~( ゚Д゚)

    闘い終わって日は暮れて・・・えへへ、、にゃんにゃん
     
     と、歓談していたらジムニーのおっちゃんが来て
    「今日はこのあたりで竿を折ったやつがおるらしいでな・・へへ」
     と。

     えっ( ゚Д゚)

     町内放送でもされたんやろか・・・
     たいしたことも起らない平和な街西笠田
     本日のトップニュースは

    「リミプロ真っ二つ」
     のようです( *´艸`)

     明日あたりケーブルテレビの出演依頼がきたらどないしょう・・・
     とか考えていたらなかなか寝付けないよ~

     グォーグォー(-_-)zzz


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    なんかガバチャが記録更新したみたいなタイトルですが
    もちろんちやいますよ~。

    実はガバチャはマーゴの子守から解き放たれて今日久方ぶりに貴志川で竿を出しました。
    が・・・たったの7匹撃沈でした。

    こんな感じ
    シーズン終盤とはいえ尻すぼみ調にもほどがあるぜ・・・。

    背は低いのにプライドだけは大阪の天保山ぐらい高いガバチャなので
    このブログを見た人は内密に・・・

    と、ブログで訴えかけるパラドックス・・・クスクス 笑
    golgo-1


    一応、尺鮎狙いと気合を入れたのですが、大淵求めて場所三か所も替わって三球三振(T_T)
    カスリもせずに涙に打ちひしがれています。
    て、涙出すぎて干からびそう・・・
    694b1f1d409c5a035db71fbb8c611c86_400


    型も25センチが最長でしょぼしょぼ~(´・ω・`)

    今朝、グレートワーポンから教えてもらっていたお宝ポイントの小川橋に昼頃向かったのですが
    車が三台泊まっており断念しました。

    遅すぎるっつーのよ・・・
    o0750060214534590747


    その小川橋で、にゃんともどっこい!

    ドカンピュ賞の締め切りが10/3と残り一週間と迫った今日
    野球で言うと9回の裏

    もぅ決まったかと思われた熾烈極まるメガトルク争奪戦が
    記録更新と言う劇的なかたちで再びビックバンな仁義なき戦いへと急展開いたしました。

    台風前にもぅひと騒動あるかぁぁああー!

    それにしても解体ショーができるぐらい大きいぜっ( ゚Д゚)
    1632570593855.


    以上、パーフェクトなカヤの外のガバチャからの報告でした~(T_T)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    いよいよ10/3の締め切りが近づいてきた貴志川どかんぴゅ賞

    プロトギア・メガトルク急瀬85はこのままあの方が持っていかれるのでしょうか!

    29.4cmさん。
    確か、ダービーの一位もこの方だったのでは・・・・
    1632401849537

    ちーむ・どかんぴゅの面々も
    ネバーギブアップの精神で合宿まで準備して頑張りぬく決意はしているのですが
    この台風がなんか不気味でしゃーないんですわ( ゚Д゚)

    来るなよ~

    気になると言えば、もう一つのどかんぴゅ賞
    和歌山内水面の来年の県内全河川共通の年券がもらえるやつ

    あれ確かまだ出てなかったよねぇ・・・
    あれも非常に気になるところです。
    キャプrt65チャ


    てなことで
    和歌山の鮎釣り界は連日連夜
    釣果情報が百花繚乱花盛り!

    誰が舘ひろしやねん( ゚Д゚)
    ガバチャのスマホにもこんな感じで連日のようにトピックスが舞い込んで来ます。
    昨日は、アスリート・ターポンと男ホソポン、hitominさんが
    日置川の近露で高水の中、良型を楽しまれたようです。

    でも一番楽しまれたのはhitominさんだったのではないでしょうかネ(^^ゞ

    そして、日高川ダム下ではかなりの増水の中で平岩でナガオさんが57匹も釣られています。
    型はバカでかいのはいなかったけど入れ掛かり出し掛かりで楽しかったとのこと。

    話を聞くと、ガバチャが減水でスカを食らった時と同じポイントだったみたいで・・・とほほ(T_T)

    で、私はと言うと今日はまたマーゴとパンダ詣ででした。

    それにしても、この野生の野の字も失った寝かたってどーよ( *´艸`)
    観客がざわついても微動だにしまへんが。

    そしてこちら、マーゴのエンドレスな熱狂はとどまるところを知らず
    見ているだけでじいじもばあばも疲れてしまい
    満身創痍な帰路でした( *´艸`)

    車の中でボーってまどろんだ時に
    鮎の友釣りってどんなにするんやったっけな~

    ってヨダレ垂らしながらポカンと開けた口から魂が半分抜けかかってまたスーと引っ込みました。

    あぶな・・・戻ってきて良かったワ・・・(^^ゞ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    なんか最近紀ノ川が騒がしい。
    こやつがしょっちゅう転んで騒いでいるだけかと思ったら
    それを見んとか・・・
    あちこちから腕達者な鮎釣り師が来訪しているらしいのだ。

    かくいう私も行きたいのでござる。
    目的はもちろん尺鮎を釣りたいのであります。

    そして、釣りキチさん子がひぃひぃ巨鮎に引っ張りまわされてあげくにコケるところを動画に撮りたいのであります 笑

    もちろん動画のタイトルは「人生も鮎釣りも七転び八起き!」
    釣りキチぴょん子が釣りキチ尺子になる前に

    待っちょれ!
    来週、子守が終わったら出撃じゃぁぁあー( ゚Д゚)

    腰抜かすなよー・・・
    自分が( ;∀;)
    received_389317639380721



    このページのトップヘ